体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アップル『MacBook Pro』を低価格化、最大40%増の長時間バッテリーに

アップルは、『MacBook Pro』ファミリーをリニューアル、これまでよりも最大40%増の長時間を実現する内蔵バッテリーを搭載したモデルを6月9日に発表しました。一部モデルでは、前モデルより約4万円の値下げを行うなどしており、かなりお手頃な価格設定になっています。

『MacBook Pro』は、全モデルが洗練された美しさと抜群の耐久性を持つ高精度アルミニウムボディデザイン。すべてのモデルで、最大8GBメモリー、最大500GBハードディスクまたは256GB SDD(Solid State Drive)にアップグレードが可能です(すべての写真を見る)。


『13インチ/15インチ MacBook Pro』に搭載された新しい内蔵型バッテリーは、1回の充電で最長7時間ものワイヤレス環境での作業を可能にし、バッテリーの製品寿命に達するまで最大1000回の充電ができるという革新的なもの。このバッテリーの製品寿命は、標準的なノートパソコン(PC)用バッテリーの約3倍にあたるそうです。また、『13インチ/15インチ MacBook Pro』はいずれも、従来よりも60%も広い色域を持つLEDバックライトディスプレーを装備し、『NVIDIA GeForce 9400M』グラフィックプロセッサを標準搭載したことにより、より鮮やかで美しいディスプレイを実現しています。


『13インチ MacBook Pro』は、オリジナル『MacBook』モデルから大きくアップグレードしました。全2モデルが用意されており、7時間駆動バッテリー、SDカードスロット、FireWire800ポート、バックライトキーボード、『NVIDIA GeForce9400M』、LEDバックライトディスプレーを共通仕様として装備しています。それぞれ、『Intel Core2 Duo プロセッサ(2.26GHz)』/2GBメモリー/160GBハードディスク(HDD)搭載モデルが13万4800円、『Intel Core2 Duo プロセッサ(2.53GHz)』/4GBメモリー/250GB HDD搭載モデルが16万8800円です。


『15インチ MacBook Pro』は、エントリーモデルで3万9900円も低価格になりました。7時間駆動バッテリー、SDカードスロット、LEDバックライトディスプレー、4GBメモリーを共通仕様として3モデルで展開。『Intel Core2 Duo プロセッサ(2.53GHz)』、250GB HDD、『NVIDIA GeForce9400Mおよび9600M GT』搭載モデルが18万8900円、『Intel Core2 Duo プロセッサ(2.66GHz)』、320GB HDD、『NVIDIA GeForce9400Mおよび9600M GT』搭載モデルが21万8800円、『Intel Core2 Duo プロセッサ(2.8GHz)』、500GB HDD、『NVIDIA GeForce9400Mおよび9600M GT』搭載モデルが24万8800円です。

1 2次のページ
Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会