体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自宅で居酒屋飲み、今度は和食バージョンでやってみた

f:id:uralatokyo:20170402133558j:plain

以前、「自宅で居酒屋飲み……なにこの幸せ」という記事を書きました。

www.hotpepper.jp

このときは3,000円の予算で食べきれないほどの料理がテーブルに並びました。

お店の料理より単価が安いので、予算いっぱいまで買うとそれなりのボリュームになったのです。「予算の半分は酒代、残り半分がつまみ代でもいい」と思うほど、充実の食卓となりました。

さて、今回は同じく3,000円の予算で、和食限定というしばりをつけて、再び自宅で居酒屋飲みをやってみたいと思います。前回と条件を同じにするために、2人で飲むと仮定してアルコールは1本ずつのみ、残りの予算はすべて食材に投入します。

ほか、買うものの条件も前回と同じで以下のとおり。 電子レンジやトースターで温めるのはOK 買ってきたものを包丁で切る手間がかかるものはNG(例:刺身盛り合わせはOK、柵で買うのはNG)

手間をかけたら自宅で居酒屋飲みの気軽さがなくなってしまいますからね。

さらに今回は、前回とメニューがかぶらないようにしました。そのため、焼き鳥や枝豆、しめ鯖などの居酒屋さんの定番メニューは外しています。

さあ、買ってきましたよ! 価格はすべて税抜きです。

f:id:mesitsu:20170522133239j:plain

1点ずつ見てみます。

まずはサラダとか箸休めになるような冷たいつまみです。

f:id:uralatokyo:20170402133717j:plain

▲オクラのお浸し 188円

f:id:uralatokyo:20170402133737j:plain

▲たことワカメの酢の物 188円

オクラのお浸しは体にいいうえローカロリー、しょうゆと出汁の薄味で、万人受けしそうです。

酢の物も、口をさっぱりさせるには最適。ただつい具だくさん好きという嗜好(しこう)が出て「たこが少ない」と思ってしまいました。自宅で作る時には、たこときゅうりとワカメが1:1:1がマイルールですから。

この小鉢系はきんぴら、白和え、卯の花、ひじきなど、「ザ・和の総菜!」といったラインアップがずらりと並んでいました。個人的にはこの200円以下の総菜、おすすめです。

続いて煮物です。

f:id:uralatokyo:20170402133755j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会