ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

車の傷消し!自分で修復するための4工程とは

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
車の傷消し!自分で修復するための4工程とは

サイドミラーは壁や塀などに擦り付けてしまうことも多く、傷がつきやすいパーツ。サイドミラーに限らず、このようなボディの損傷の経験があるドライバーも多いはずです。そこで、車の傷消しを自分で修復するために必要な4つの工程を詳しく見ていきましょう。

車の傷消し4工程はパテ盛りから

細かい傷が絶えません。しかし、業者に車の傷消しをしてもらうとなると、サイドミラーの傷でも数万円かかってしまいます。ならば、自分で補修して車の傷消しをしましょう。

車の傷消しには4工程あります。「パテ盛り・研磨・塗装・艶出し」です。車の傷消しに使用する商品と実勢価格は、サンドスポンジ(ヤスリ)が390円、ウスヅケパテが691円、カラータッチが626円、アンチラストペイントが907円。3千円もかかりません。

「パテ盛り」ではまず、P400番の粗めの紙ヤスリでバリを取り除きます。その後、均等にパテで傷を埋めるのです。「研磨」ではパテが乾燥したら紙ヤスリをかけます。P800番のきめ細かい紙ヤスリで滑らかにしていきましょう。

車の傷消し4工程は艶出しで完了

車の傷消し4工程の「塗装」では、小さい傷は筆ペンタイプの塗料でOK。大量に付けず、薄く伸ばすように塗装するのがコツです。「艶出し」の工程は、塗料が乾燥したらコーティングして完了。クリアを塗ることでツヤを出すだけでなく、塗装面を保護する効果もあります。

なお、車内も長年使用しているとシートの染みや汚れ、ホコリなどが目立ってきます。愛車を清潔に保ち快適な車内空間を維持するためには、車内クリーニングも欠かせません。

とはいえ、車の清掃といっても特別な道具は必要ありません。自宅清掃で使うカーペット洗剤やダスターがあれば十分。また、ホコリを吸い取る掃除機には、細口ノズルを装着して隅々までゴミを取り除くのがポイントです。

 

関連記事リンク(外部サイト)

無線ルーターのおすすめ簡単パワーアップ改造
エポキシ接着剤の溶接並みの強度を試してみた
2×4材と突っ張り金具で室内に柱を追加する
ドローンの操作距離を「蒸し器」を使って延ばす
車の傷消し!自分で修復するための4工程とは

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。