体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ジェイムス・アーサーの初来日ツアーがスタート、クリーン・バンディットのカヴァーも披露

エンタメ
ジェイムス・アーサーの初来日ツアーがスタート、クリーン・バンディットのカヴァーも披露

 ワン・ダイレクションなどを輩出した英オーディションTV番組『Xファクター』の2012年度優勝者であるシンガー・ソングライター、ジェイムス・アーサーが5月22日、東京・赤坂ブリッツにて初日公演を開催した。

ジェイムス・アーサー 来日公演写真(全7枚)

 会場の照明が暗くなり、まず最初に聴こえてきたのは、医療モニターが心臓の拍動を刻む音。そして、救急車のサイレンが鳴り、不穏なイントロ音楽が響き渡る中、ステージ上に現れたジェイムス・アーサーは、初のジャパン・ツアーの初日公演を「バック・フロム・ジ・エッジ」でスタートした。日本では今年1月にリリースされた2ndアルバムの冒頭を飾る表題曲だ。以降、同アルバム収録の最新曲を中心に、本邦未発表の1stアルバム『James Arthur』からも4つのシングル曲「You’re Nobody ‘Til Somebody Loves You」「Impossible」「Get Down」「Recovery」を交えて、計16曲のセットを披露した。

 少年時代から問題児で、一時は路上生活に陥りながらも音楽活動を続け、『Xファクター』の第9シーズンで優勝。なのにまたもやスキャンダルを起こして挫折し、さらにドン底から奇跡的なカムバックを果たす――という、起死回生のストーリーの主人公であるジェイムス。つまり今夜のパフォーマンスは、彼のテーマソング(タイトルは“崖っぷちからの帰還”を意味する)と呼ぶべき曲で幕を開けたわけだが、まさに波瀾の人生を物語っているかのような、スモーキーで迫力ある歌声を存分に堪能させ、ギター、ベース、ドラムス、キーボードの4ピースのバンドによる肉厚なバッキングと対等に渡り合う。全体的にアルバムの印象より遥かにロックで、時折自らもギターを弾いてジャムに加わる姿は、バンド活動に明け暮れていた少年時代を想像させるものだ。

 その一方で、「自分がものすごくダークな場所にいた頃の曲」と紹介した「トレイン・レック」や、キーボードとアコギだけでプレイした「セーフ・インサイド」、やはりアコギで縁どったラヴソング「キャン・アイ・ビー・ヒム」など、ダウン・テンポに転じた時の抑えた歌声も実に魅力的。途端にマスキュリンな声が無防備な繊細さをまとって、生粋のソウル・シンガーに転身し、かと思えば、時折ラップも織り交ぜて芸達者ぶりを見せつける。

 そんなジェイムス、事前に「日本のファンは控えめ」と聞いていたそうなのだが、実際ステージに立って、男女バランス良く混ざったファンの熱狂的リアクションに率直に驚いていた様子で、感謝の念を示すように、或いは自分の真摯な気持ちを強調するかのように、しばしば胸に手を宛てて歌う姿が印象的だった。女性だけでなく男性からも「アイ・ラヴ・ユー!」の言葉がポンポン投げられていたが、『Xファクター』出身者はもちろん、最近の英国のソロ・アーティストにはちょっと他にない男くささや、アウトサイダー感を思うと、同性を惹き付けるのも納得できる。そして、そういった声援に逐一丁寧に答え、ステージの端から握手の手を延ばしていた彼は、日本語には少々手こずって「アリガトウ」が精一杯だったものの、「日本に来てから食べてばっかで太っちゃったよ」とか、「女性たちはどこだい? あとで会おうね!」とフザけてみたり。歌にしてもMCにしても、勝気さと謙虚さが混在しているところが、この人の持ち味なのだろう。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会