体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【おすすめ現地ルポ】欲しくなる、行きたくなる、チェコ・プラハのお土産7選

首都プラハをはじめ、中世そのままの美しい街並みで人気のチェコ。おとぎの世界さながらの国で買いたい、楽しいお土産7選をご紹介します。

ガラスアクセサリー

おとぎの国、チェコで買いたい楽しいお土産7選
チェコといえば伝統工芸のボヘミアンガラスが有名。ところが、グラスなどの食器類は値段が張るうえに、デリケートなので持ち帰るのが大変です。

そこでおすすめなのが、美しいガラスでできたアクセサリー。プラハの旧市街には、チェコらしいガラスアクセサリーを売るショップが並んでいます。また、「世界一美しい街」と呼ばれるチェスキークルムロフでは、手作りアクセサリーの露店が出ることも。

手作りの温かみが感じられるチェコのガラスアクセサリーは、身に着ける人を笑顔にしてくれます。

ユニークな文房具

おとぎの国、チェコで買いたい楽しいお土産7選
チェコには実用性とデザイン性を兼ね備えたユニークな文房具があります。なかでも有名なのが、1790年創業の老舗文房具メーカー「Koh-i-Noor(コヒノール)」の商品。

鉛筆立てと鉛筆でハリネズミを表現した色鉛筆など、センスが光るキュートなアイテムが見つかりますよ。

もぐらのクルテクグッズ

おとぎの国、チェコで買いたい楽しいお土産7選
絵本から生まれたもぐらのクルテクは、チェコの国民的キャラクター。名前は知らなくても、「見たことがある」という人も多いかもしれません。このおっとりとした表情は見ているだけで心癒されますね。

木のおもちゃやマスコット、文房具、マグカップなどさまざまなグッズがあるので、お気に入りを探してみましょう。

ミュシャグッズ

おとぎの国、チェコで買いたい楽しいお土産7選
日本でも人気のアール・ヌーヴォーを代表する芸術家、アルフォンス・ミュシャ(ムハ)は、オーストリア帝国領モラヴィア(現在のチェコ)に生まれました。

ミュシャ美術館をはじめ、ミュシャゆかりのスポットが充実しているプラハには、あちこちにポストカードやしおり、ノートなどのミュシャグッズを扱うお店があります。

ずっと色あせない、ファンタジックなミュシャの世界を日本でも楽しんで。

ジンジャーブレッド

おとぎの国、チェコで買いたい楽しいお土産7選
14世紀ごろからチェコの各地に広がったジンジャーブレッドは、チェコの代表的な伝統菓子のひとつ。生姜と糖蜜が入った、甘くてほろ苦い焼き菓子で、見た目はクッキーに似ています。

とりわけ、さまざまなアイシングが施されたジンジャーブレッドは、見た目にも楽しめるキュートなお土産。プラハ城の城下町、マラー・ストラナ地区にある「Gingerbread Museum(ジンジャーブレッド ミュージアム)」では、一つひとつ手作りされた色とりどりのジンジャーブレッドが買えるほか、スタッフがアイシングする様子を見学することもできます。

可愛らしいデザインがたくさんありすぎて、選ぶのに困ってしまうかも。ばらまき土産にもおすすめです。

[Gingerbread Museum]
Nerudova 9,Prague 1 – Mala Strana

ビール

おとぎの国、チェコで買いたい楽しいお土産7選
ビールといえばドイツのイメージが強いかもしれませんが、実は国民一人当たりのビール消費量が世界一の国はチェコ。「水よりビールが安い」といわれることもあるチェコは、ビール好きにとってはまさに天国なのです。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。