体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【検証】アラフォーが女子高生と電話して会話が続くのか試してみた結果 / 女子高生「なんか用があるの?」

2

皆さんは、女子高生と会話したことはありますか? コンビニとかファミレスでバイトしている女子高生とのビジネス的な会話じゃないですよ。普通の女子高生と、普通に日常会話をしたことはありますか?

・記者の姪は女子高生
突然ですが、記者はすでにアラフォー。そんな私には妹がいます。人生を面白おかしく生きているだけのアラフォーな記者とは違い、妹は10代に初産を経験し、3人の子育てに勤しんできた母でもあります。そして、彼女が最初に生んだ長女(記者の姪)がこの春、ついに高校三年生になりました。JD直前のJKです。感慨深さが目に染みます。

・あまり会話したことない
姪の名前はM絵ちゃんといい(写真左)、ひいき目に見ずともわりとカワイくて良い子です。常に連絡を取り合っているわけではありませんが、年に一度の誕生日付近には一緒に渋谷109で買い物をしたり、好物のオムライスを食べさせたりなど関係性は悪くありません。直接会えばとても楽しい時間を過ごせます。

・話が弾むのでしょうか?
しかし、急にアラフォーの私が電話をしてきたとして、会話はちゃんと弾むのでしょうか。アラフォーと女子高生は、ちゃんと会話ができるのでしょうか? 話が弾むのでしょうか?

自分自身の経験上で言えば、叔母にあたる人間と電話で会話するのは、お年玉を送ってきてもらったお礼くらい。「お年玉ありがとう」「どういたしまして」「お母さんに替わります」の1ターン半で会話のキャッチボールは終了していたはずです。

・電話かけていい?
とりあえず、姪っ子にLINEで「電話かけていい?」と送ると速攻で既読に。「いいよ!」とスタンプつきで返ってきました! JKキタアアアアアアアアアア! このレスポンスの早さはさすが女子高生! トゥルルルルルルル~♪ LINEの無料通話でかけると、すぐに出てくれました。

1

・JK姪っ子とアラフォーの電話トーク
M絵: もしもし~どうしたの~?
筆者: 久しぶり! いや、元気でやってんのかなと思って。
M絵: 元気だよ~。タマキ(記者名 / 仮名)も元気?
筆者:うん。わりと元気。

補足しておくと妹一家は全員私の名前を呼び捨てで呼んでいます。私の家族内でのヒエラルキーの低さが伺えますね。

M絵: なに? なんか用があるの?
筆者: え~っと……、最近どう? EXILE系の方は。

M絵ちゃんは確か、EXILEの中のユニットの誰かを好きだったような。以前にかなり詳しく聞いたはずなのですが、アラフォーなので覚えられませんでした。でも、とりあえずEXILEの話は振っとく!

M絵: え~。もう、そっちのファンクラブなんて解約しちゃったけど……。
筆者: えっ……!

痛恨のミス! 彼女の興味はEXILEからとうに離れていたのです。しまった! 事前に彼女のツイッターをチェックしておくんだった!

M絵: 今はね~乃木坂46のファンクラブに入ってるんだ。
筆者: そうなんだ……。乃木坂いいよね。
M絵: タマキ、乃木坂好き? 誰が好き? M絵はね~〇〇ちゃん好きなんだ。△△ちゃんも最近かわいいよね。
筆者: う、うん……。

アラフォーなので、乃木坂46の個々人の判別はできず、名前を聞いても記憶できませんでした。辛うじて生駒ちゃんと白石麻衣ちゃんは判りますが、どうやら違ったようなので……。

M絵: 握手会も行くんだよ! すごい楽しみで~。
筆者: かなりハマってるんだね。ああ、そういえば彼氏とは上手くやってるの?

1 2次のページ
バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。