体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

玉城ティナ インタビュー「カッコつけないほうが、絶対に楽しい」

玉城ティナ インタビュー「カッコつけないほうが、絶対に楽しい」 玉城ティナ インタビュー フロムエー 玉城ティナ インタビュー フロムエー

モデルとしてファッション誌やCMなどでも大活躍の玉城ティナさん。ここ最近は女優としての活動も目覚ましく、昨年から今年にかけては5本の映画に立て続けに出演するなど大忙し! 最新出演映画『サクラダリセット 後篇』のお話しや、もともと人見知りだった玉城さんがあるきっかけで変われた方法などを教えてもらいました。

静かそうに見えるけど、自分で未来を切り拓く野望はあります

――映画『サクラダリセット』前/後篇では、特殊能力を持つ高校生役を演じていますが、能力という実際に目にしたことがないものを演じる難しさはありましたか?

特殊能力という非現実な部分よりも、ストーリー性を重視して物語の中で生きていくことを一番大事に考えたので、そこで悩むことはあまりなかったですね。それよりも私が演じた村瀬陽香という女の子の内面を理解して表現するほうが難しかったです。そこは監督と相談しながら、ひとつひとつ作り上げていきました。

玉城ティナ インタビュー フロムエー

――村瀬陽香は前篇から後篇にかけて少しずつ表情が女性らしくなっていますよね。

そうなんです。表情を柔らかくしたり、かけているメガネを前篇は黒で、後篇は赤にしたりと小物にも変化をつけたりして、女性としての成長を見せています。女の子って気持ちが変わってくると身に付けるものも変わりますから。

――女の子はそうですよね! 今作の後篇では「未来は自分で切り拓いていく」というテーマ性を強く感じたのですが、玉城さん自身は「自分の手で未来を切り拓いていく」というタイプですか?

『サクラダリセット』の登場人物は高校生が中心ですけど、みんな一見、すごくクールで淡々としているんですよ。

――確かに、熱く怒鳴り合うシーンとかあまりなかったですね(笑)。

ですよね(笑)。でもそれが、すごくイマドキの若者っぽいなと思っていて。私も含めてですけど、最近の10代や20代の“若い子”ってわりと淡々していると見られがちじゃないですか。だけど、外側からは見えないような野望や夢を持っている子はすごく多い。それをただ口にしていないだけで。私も一見、静かそうに見えますけど“未来を切り拓いてく”熱量は持っています。

自分を主張する恥ずかしさは一瞬。その一瞬のために言わないのはもったいない

玉城ティナ インタビュー フロムエー

――でも、口にはなかなか出せない。

と、いうタイプだったんですけど、少しずつ変わってきましたね。仕事をするようになって、いろいろな場所で自分の意見や考えを述べる場所が与えられているのに、口にしないことで「あの人は何を考えているかわからない」と思われるのはもったいないなと思うようになってきたんです。

最初に自分の考えを伝えるのって、恥ずかしいと思いがちじゃないですか。だから、口に出せない人が多いと思うんですけど、恥ずかしいのって一瞬なんですよね。その一瞬のためだけに言わないのはもったいないということに気が付いて。言ってしまえば、相手も自分を理解してくれて、その場の空気に馴染めたり解放感を得られたりといいことのほうが多いんですよ。特に私、周りから話しかけづらいと言われてしまうので、自分から話しかけないと(笑)。

1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。