ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

夏の始まりを告げる。お台場1万発花火大会『STAR ISLAND』今週末に迫る!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

東京お台場海浜公園で2017年5月27日(土曜)開催される、未来型花火エンターテインメント『STAR ISLAND』が話題です。2年ぶりにお台場の夜を伝統ある花火と最先端テクノロジーが彩るイベントが、いよいよ今週末に開催されます。

 

夏の到来を告げる花火『STAR  ISLAND』

1988年から27年続いたお台場の『東京湾大華火祭』。残念ながら2015年をもって休止となりました。日本を代表する大花火大会が無くなったことを残念に思う方も多かったのではないでしょうか?

 

その『東京湾大華火祭』に代わるように誕生したのが『STAR ISLAND』。1万発の花火と、最先端テクノロジーが融合した新感覚の未来型花火エンターテインメントで、東京一早い花火大会としても注目されています。

 LEON(レオン)2017-04-24 発売号
Fujisan.co.jpより

 

『STAR ISLAND』では、隅田川花火大会、東京湾大華火祭など日本を代表する花火大会での打ち上げ実績を持つ創業150年の老舗花火屋『丸玉屋小勝 煙火店』が担当。 精度の高いミュージック花火を実現できる『丸玉屋小勝 煙火店』が従来に花火大会の概念を覆す“未来の花火”に挑戦します。

 

 

また、花火と共に映画の中に入り込んだかのような感覚に陥る音楽や3Dサウンド。世界を股にかけて活躍するパフォーマーによるショータイムなど、「春・夏・秋・冬」をテーマにしたエンターテインメントショーは、会場全体を彩るライティングと花火と音楽の競演が見どころです。

 ※総合プロデュースを手がけるのは小橋賢児氏。小橋氏は、俳優として多くの作品で活躍した後、実業家、映画監督、イベントプロデューサーとして転身。

夏に一番乗り!イベントをより楽しむ方法

大会主催者によると「どのロケーションから眺めてもそれそれ違ったカタチで花火大会とショーを楽しめる工夫をしています。客席も含めた会場全体が演出空間になるので、白い服装だと照明が当たって綺麗だと思います」とのこと。

 

 

さらに、たっぷりと『STAR ISLAND』の世界観と夏気分を堪能するためには、特に砂浜からの鑑賞がベスト。花火を綺麗に撮るならスマートフォンの連写機能を使用するのがおススメだそうです。

 

お子様連れの方にはキッズエリアも用意!

『STAR ISLAND』は、お子様連れの方でも安心して楽しめるイベントとなっているのも魅力。キッズエリアが設けられ、親子共々楽しく参加できるよう配慮されています。

 ※フォトジェニックな写真撮影も可能。明るいうちから、お台場で遊んで家族の想い出を残すこともできる。

 

未来型花火エンターテイメント『STAR ISLAND』は、2017年5月27日(土) ※予備日28日(日)に開催。TOKYO ODAIBA STAR ISLAND(お台場海浜公園:東京都港区台場一丁目)で開催。開場時間は16:00 ~21:00です。

  ※公式URL http://www.star-island.jp/

関連記事リンク(外部サイト)

花火は夏だけではない!○○で有名な9月の花火大会
下剋上受験の阿部サダヲパパにも読んでもらいたい!大人にささる、パパの送り迎え絵本
実は面白いパラリンピックのあれこれ『競泳編』
社長自らシソの被り物!25周年『鍛高譚』。爆笑必至の新作動画公開
「ラ・ラ・ランド」だけじゃない!GWに見ておきたいミュージカル映画9選

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。