体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

約2200誌が読み放題!デジタル雑誌の定期購読サービス「Readly」

デジタル・IT
スウェーデン生まれのデジタル雑誌定期購読サービス「Readly」日本を含む60カ国で4000万人以上の有料会員を抱える音楽ストリーミング配信サービス「Spotify」は、2006年、スウェーデンで創設された。

そして、“Spotifyの母国”であるスウェーデンでは、“Spotifyの雑誌版”を標榜する「Readly(リードリー)」も世界的に知られている。

・約2200誌の雑誌が定額制で読み放題

Readlyの公式ウェブサイト2013年にスウェーデンで開設された「Readly」は、週刊誌「ニューズウィーク」や女性ファッション雑誌「エル」、男性誌「エスクァイア」など、出版社400社以上が発刊する約2200誌を網羅した、デジタル雑誌の定期購読サービス。

iOS対応デバイスやAndroid端末、アマゾンのKindle電子書籍リーダーに対応し、毎月99スウェーデンクローナ(約1260円)の定額購読料を支払うと、最大5つのデバイスから、デジタル雑誌を好きなだけ閲読することができる。

現在、スウェーデンのほか、英国、ドイツを含む50カ国以上で展開し、今後、さらに対象エリアを拡大していく方針だ。

・出版業界における“サブスクリプション方式”の広がり

10万冊以上の児童書が好きなだけ読める「Epic!」、電子書籍の定期購読サービス「Scribd」など、毎月定額料金を支払うと好きなだけ利用できる“サブスクリプション方式”が、出版業界にもずいぶん普及してきた。

「Readly」をはじめとする“読み放題サービス”は、雑誌を好む読者にとってはもちろんのこと、出版社にとっても、新たな収益源の確立や読者層の発掘などに役立つプラットフォームといえるだろう。

Readly

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会