ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

15歳未満利用規制で大問題の『アメーバピグ』 『ピグエッチ』というサイトがひどすぎる

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

昨日15歳以下は利用規制すると発表した『アメーバピグ』(以下『ピグ』)。サイバーエージェントのヒットコンテンツでアバターキャラが仮想世界を移動しながらチャットを楽しむというサービス。この15歳以下の利用規制で、結果何もできなくなってしまったという事実を知り、スタッフブログは大荒れし現時点で3万件のコメントが寄せられている。未だに苦情が殺到し「退会する」「考え直せ」というコメントであふれているようだ。

そんな『ピグ』は実際に健全だったのだろうか? ユーザーが公開しているひどいサイトを発見した。なんと『ピグH(ピグえっち)』という名称のサイトだ。そこでは『ピグ』ユーザー同士でのエッチな行為が公開されている。つまり不健全な行為が日々行われている。「Hな擬音」「あえぎ声(女性&男性)」など項目が分かれており、それぞれ2頭身の『ピグ』キャラクタでエッチ行為を楽しんでいるようだ。

こういった文化は『ピグ』以前にもオンラインゲームでも盛んに行われており、女性キャラクターに対して「見抜き」として行われていた。風俗まがいのことがオンラインサービス内で行われているが、全く規制されることなく横行している『アメーバピグ』。未成年のユーザーが数多くいるが、こういった行為を盛んに行っているのは“おっさん連中”が中心になっている。

中にはベッドを並べ、風俗店まがいのものを作るユーザーも存在し、『ピグ』内で不健全な行為を行っているようだ。


「ちゅ」「ちゅ」
とキスする程度なら可愛い物だが、卑猥な音や喘ぎ声までチャットで行い、その体験談を『ピグH』に投稿している。例を挙げるなら「体験談 投稿3 女性多数(3人)」。詳細な内容は公開できないが、個室で卑猥極まりない行為が行われているのは確かだ。こういったことも原因として15歳以下の利用規制に踏み切ったのだろう。

15歳以下はチャットのフィルタリングでも搭載すれば解決なのだが、それじゃダメなのだろうか。

『BLOGOS』では「”15歳以下は他ユーザとの交流停止へ”、アメーバピグの判断は厳しすぎる?」という記事も公開されているので、そちらも参照してみてほしい。

『ピグH(ピグえっち)』
“15歳以下は他ユーザとの交流停止へ”、アメーバピグの判断は厳しすぎる?[リンク]
http://blogos.com/discussion/2012-03-14/amebapigg/

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。