ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

動物行動学者おすすめの「ハッピーになれる映画」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

動物行動学者おすすめの「ハッピーになれる映画」
J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「Amazon Prime Video ANYTIME, ANYWHERE」。5月22日(月)のオンエアでは、動物行動学者・新宅広二さんが選んだ映画「ハッピー フィート」に注目しました。

新宅さんは、400種類もの野生動物の生態や、飼育方法を習得している動物行動学の第一人者です。イギリスBBCのネイチャードキュメンタリー「BBC Earth」シリーズや、映画「ネイチャー」など300以上の作品の監修にも携わっています。

そんな新宅さんのおすすめの作品のひとつが「ハッピー フィート」です。

「『ハッピー フィート』は、『マッドマックス』などでおなじみのジョージ・ミラー監督の作品で、改めて観てみると『マッドマックス』のテイストを感じる、アツい映画なんです。地球上には鳥が9000種類近くいますが、その中でもペンギンは鳴き声が美しくないことで有名なんです。『ハッピー フィート』はそれを逆手にとったペンギン目線のミュージカル。歌が下手で、取り柄がタップダンスしかない主人公のペンギンが大冒険をして、驚くような展開になっていきます」(新宅さん、以下同)

また新宅さんは、「ハッピー フィート」を動物園や水族館に行く前に観ることをおすすめしていました。

「動物園や水族館は、動物の理科教育のためだけに行く場所ではないと思うんです。美しい動物や奇妙な行動をする動物を見て、色々な物語を妄想したりするような楽しみ方もあると思うんです。監督も、そんなイメージで作ったのではないかと思います」と話していました。

別所は「『ハッピー フィート』は動物園にいる動物がどんな会話をしているのか想像したくなるような作品。動物社会にこめられた人間社会の物語であるような気がします」とも。

新宅さんには、23日(火)も動物の姿からハッピーな気分になれそうな作品をセレクトしていただきます。どうぞ、お楽しみに。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ−WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/index.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。