体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

石坂敬一のロック革命、50年の生涯がここに

石坂敬一のロック革命、50年の生涯がここに

石坂敬一の著書『我がロック革命 それはビートルズから始まった』が5月23日に発売される。

本書は1960年代から70年代に伝説のロック・ディレクターとして洋楽ロックの礎を築き、80年代以降はミュージックマンとして日本のロック/ポップスの発展に尽力した伝説のロック・ディレクター、石坂敬一が50年の生涯を語り下ろした遺稿集。

石坂敬一は、1966年にビートルズの日本公演を観て洋楽ロックを日本に根付かせることを決意し、70年代は『赤盤』『青盤』を手掛けてビートルズ第2世代を日本に生み出す。と同時に、ピンク・フロイドやT.REXらの70年代ロックに邦題革命を起こした。

さらに、ジョン・レノンの死後はビジネスマンとして日本のロック/ポップスの発展に尽力し、松任谷由実、RCサクセション、BOØWYといった日本のロック/ポップスへの新しい価値観を創造した。

2016年大晦日に急逝、71年のロック人生を急ぎ足で駆け抜けたミュージックマンの生涯を20時間に及ぶ“トーク・セッション”を元にまとめた、語り下ろしの遺稿集となっている。(田)

『我がロック革命 それはビートルズから始まった』石坂敬一/著
5月23日発売 ※一部、発売日が異なる地域あり。
¥2,300円+税
四六判、256ページ
発行:東京ニュース通信社
発売:徳間書店

・詳細はこちら
http://zasshi.tv/products/detail/HBTNB170523_001-00-00-00-00-00

エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy