ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

「仕事もプライベートも順調」な成功者なんていない?真の成功哲学

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
「仕事もプライベートも順調」な成功者なんていない?真の成功哲学

連休明け、「五月病」に悩む人も多い時期だが、あなたはどんな気持ちで毎日を送っているだろう。急に他人の生活がうらやましくなったり、メディアに登場する大金持ちを見て「夢のような生活を送っているなあ」とため息をついたりしている人も多いのではないか。

例えば、人気ミュージシャンがテレビで東南アジアの豪邸を紹介し、セレブな生活を披露したり、SNSでは高級ブランドを控えめにアピールしながら自らのセレブっぷりを見せつける女性タレントの写真がアップされたりと、至るところからお金持ちたちの優雅な生活が目に入ってくる。

きっと彼らは仕事もプライベートも順調で、経済的にも豊かで、人間関係にも悩みがない。誰もがうらやむ人生の成功者は、きっとこんな満ち足りた暮らしをしているのだろう。

しかし、そんな「成功者」像は本当に理想の中のものでしかないのかもしれない。

■「仕事もプライベートも順調な成功者」は幻想である

2007年2月に大和書房から文庫化され、今年5月14日にオーディオブック版が発売された『成功する男はみな、非情である。』の著者であり、10代の頃から多くの成功者に身近に接してきたいつか氏は、「成功とはそんな甘いものではない」という現実を教えてくれる。

成功した数多くの男たちにインタビュアーとして話を聞く機会に恵まれたいつか氏は、多くの成功者が他人には明かさない「帝王学」の本質を聞き、少しずつノートに書き留めていった。

そのノートは約1年に1冊。計20冊の中に秘められた成功者たちの哲学を俯瞰してみると、ある「法則らしきもの」が見えてきたという。その「強者の論理」を一冊に凝縮したのが本書だ。

■本当の成功者はみな孤独であり、非情である

いつか氏によれば、成功者はみな孤独であり、成功のためには人間関係も、自分の他の望みも捨て去る覚悟を持っているという。

彼らは一般の人たちが考える「あたたかな人間関係の中でこそ成功し、幸せになれる」という通念の外に生きている「非情」な存在なのだ。

「福禄寿 人生全部はとれないものよ。」というのは、香港のバーで、ある富豪が著者に語った言葉だ。

福は幸福、禄は富、そして寿は健康のこと。この3つすべてを手に入れることはできないことを成功者は知っている。真の成功者は、成功のために必要なものを効率的、合理的に選びとり、そうでないものはバッサリと切り捨てるのだ。

これは仕事の相手から、家族や友人などの身近な人間関係にまで言えることで、例外はない。また、人だけでなく手段も選ばない。成功するためには、モラルや常識的な考え方、人間の情というものは、時に足かせになる。

このくらい強く覚悟を決めて成功を追い求める生き方を貫いている人でなければ、常にリスクと隣り合わせで、厳しい世界を生き抜いていくことはできないということだろう。

本書の冒頭にも、成功すればするほど、一番親しいのは弁護士や医師など「士」「師」がつく専門職の人たちばかりになっていくという話が書かれている。殺伐としているようにも感じるが、それが現実なのだ。

あたたかい家庭と仲間たちに囲まれ、穏やかに暮らすという成功者像は普通のサラリーマンが思い描く幻想でしかなく、多くの成功者は見た目を取り繕ってはいるが、そんな生き方をしている人など実はいないのかもしれない。

■あなたの生活にも取り入れられる「非情」な生き方

それでも、真の成功者を目指したいというのであれば、覚悟を決めて自分の決めた道をひた走るべきだろう。ただ、捨てられないものは誰にでもあるし、大半の人は「成功者じゃなくていいから幸せになりたい」と思っているはず。では、そんな時はどうすればいいのか。

それは「非情」を取り入れることだ。

本書には、あなたの人生にも取り入れられる成功への具体的なヒントが詰まっている。

例えば、「お客様は神様」というのは嘘である。

八百屋で「お宅では鱈売ってないの?」と聞いてくる客がいたとする。この客を相手にするのは「お客様は神様」と考えている人だろうが、成功者はそうは考えない。「お客様は悪魔」と考え、八百屋なのだから野菜の産地や品質の話をする。

望みがかなえられなくて客は帰るかもしれないが、それで良いのだ。自分の商売に確実に利益をもたらす固定客だけに愛されることを望む成功者は、不要な客を容赦なく切り捨てる。

この考え方は有名なパレートの「2:8の法則」を、ビジネスや自分の生活の中でそのまま実行せよという非情な生き方の教えである。

また、物事の予定を立てるときには、最悪の事態を常に想定して準備をするのも成功者の特徴である。逆にいつか氏は、すべてがうまくいくケースを想定して、その通りにならないからといって失敗するのは普通の人であると述べる。

成功者とは最も厳しい状況を想定して、自分に課題を与え続けるストイックな人なのだ。

このほかにも、今は普通の人であるあなたが、圧倒的な成功者から学び取ることができる生き方の姿勢や具体的な行動、考え方、コミュニケーションの方法が紹介されている。

もし、望む生き方が「非情」な成功者の場合はもちろん、「大成功しなくていいから幸せになりたい」という人でも、本作品から学ぶところがあるだろう。連休明けですっかり緩んでしまったあなたの気持ちを引き締めてくれる一冊である。

(新刊JP編集部)

【関連記事】

元記事はこちら

茂木健一郎&松岡修造が教える! あなたの脳と心をポジティブにする、たった3つの思考法

孫正義や柳井正ら世界のトップたちが駆使する「禁断の学問」とは?

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。