ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

米国の犬の保護団体が、盲目の犬とそのパートナーの盲導犬を一緒に引き取ってくれる人を募集中

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
米国の犬の保護団体が、盲目の犬とそのパートナーの盲導犬を一緒に引き取ってくれる人を募集中

2匹の犬、バートとバブスはとても仲良し。しかし、この活発な2匹のうち1匹は、実は目が見えていない。

「約1年前、この2匹が施設に来た時、バブスは緑内障を患っていました。とても痛がっており、既に眼球を摘出せざるをえない段階でした」。米テキサス州ダラスにある犬の保護団体「DFW Rescue Me」のスタッフ、ジム・ウェンガーさんはこのように語っている。

同団体は、1年前に子犬だった2匹を保護し、育てている。目が見えないバブスは、バートを信頼しており、バートにどこでもついていくのだ。

ウェンガー氏はこう話している。「バートはバブスにとって、まるで盲導犬です。バートが部屋に入れば、バブスも入ります。バートがソファに乗れば、バブスもそれに従います。車に乗る時もそう。本当に驚きます。バブスを見ていると、目が見えていないということを忘れるくらいです」

目の見えないバブスにとって毎日は大変だが、彼女専用の盲導犬であるバートと一緒なら、何も心配はいらないのだ。

同団体は、2匹を引き取ってくれる人を募集中だが、職員は貰い手を探すことは難しいと考えている。

ウェンガー氏はこう話す。「2匹の家族を探す上で難しいのは、他の犬がいる家はダメだということです。なぜなら、バートはバブスを守ろうとするあまり、警戒心が強いからです。1匹も犬がいない状態から、急に2匹を飼ってもらうことになるため、貰い手を探すのが難しいのです」2匹の物語はまだ終わりではない。早く新しい飼い主が見つかることを願うばかりだ。

■参照リンク
http://www.aol.com/

関連記事リンク(外部サイト)

米国の犬の保護団体が、盲目の犬とそのパートナーの盲導犬を一緒に引き取ってくれる人を募集中

『ウォーキング・デッド』シーズン8、初回エピソードは「アクション満載」で「大満足できる」とプロデューサーが太鼓判

トランプ大統領の末っ子バロン君、社会見学で学年全員とホワイトハウスを訪れる

世界の人口が多い都市ランキング、トップ10

120cmのネコが「世界一長いネコ」ギネス認定へ、飼い主「成長の秘訣はカンガルーの肉」

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。