体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界一周から帰国し3ヶ月…静岡県・富士への週末トリップが僕を旅人に戻してくれた

世界一周から帰国し3ヶ月…静岡県・富士への週末トリップが僕を旅人に戻してくれた

 

こんにちは!ライターのKEIです。世界中で撮った絶景はInstagramにて公開中です!

世界一周の旅から帰ってきて早3ヶ月。あっという間に月日は流れ、気づけば「シティボーイ」に戻ってしまいそう。

最近はなかなか関東を出ることが出来ず、なんだかモヤモヤしていた今日この頃。

「はぁ、旅がしたい…あのどこに行っても誰にも止められない自由な日々が懐かしい」とコンクリートジャングルをぽつぽつと歩いていたある日、思い出しました。

…この毎日を打破しなくては!自分でつくっていかないと!

 

そうなんです。「未来とは、待つものではなく、自分で創っていくもの。」ということを思い出し、気の合う友達を誘って、エンジン掛け、いざ出発!

東京から車で2時間ほど。大自然が気持ちいい静岡県・富士まで行ってきました。1日で満足でき、掛かった費用も1人3000円程度!

なのに、そこにはドラマが詰まっていた!今回はそんなショートトリップをシェアしたいと思います。次の週末は富士の方まで行ってみてはいかがでしょうか?

 

まずは、東京から片道2時間半!「河口湖」へ!

photo by Kazuki Kiyosawa

僕が最初にオススメしたい場所は「河口湖」です。

東京から車で片道2時間半ほど。車から降りて、ぎゅーーっと伸びをして深呼吸。空気の美味しいこと美味しいこと!僕が訪れたのは5月ということもあって、鶯の声がよく聴こえます。

東京という雑踏から少し離れて、遠くを眺めるだけでこんなに気持ちがいいんだ!…そんな旅中では、当たり前だった感覚を取り戻し始めます。

photo by Kazuki Kiyosawa

「河口湖」といえば、日本の5000円札の裏側に描かれている富士山が写っている湖です。

とても大きく、一周するのに少し時間がかかりますが、木々のトンネルをくぐり抜けながらのドライブはとても気持ちがいいです。車もあまりいないので、のんびり運転しても問題ありません!

ちなみにこの河口湖、ボートの貸し出しもしています。湖のど真ん中から眺める富士山。贅沢ですね。

photo by Kazuki Kiyosawa

朝、東京を出たのであれば、河口湖に到着した頃にはお昼ですよね。

この辺りは、蕎麦が美味しいのでぜひ食べてみてください!お店の人との交流も素敵な思い出のひとつですよね。

 

僕は「世界一周でどこの国が1番よかった?」と聞かれると、困ってしまいます。というのも、「その国で出会った人」によって、国の印象は全然違うんです。

当初、世界一周に出た時は、「〜〜を見てみたい」とか「〜〜をしてみたい」という理由だったのに、思い返すと「人との出会い」が思い出になっていることが多いです。

例えばディズニーランドにどうしても行きたくて、1人で行くとします。そんな思い出よりも、気の合う仲間と語り合う駄菓子屋や公園。

なんて方が、思い出深かったりします。人生は「自分と自分の周りにいてくれる人たち」とつくっていく物語なのです。

 

「河口湖」で十分遊んだら、「新倉山浅間公園」!

世界一周から帰国し3ヶ月…静岡県・富士への週末トリップが僕を旅人に戻してくれた
1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。