ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

映画『スーサイド・スクワッド』のデヴィッド・エアー 監督、映画『スカーフェイス』のリメイク版で交渉中

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

デヴィッド・エアー監督が、米ユニバーサル・ピクチャーズの映画『スカーフェイス』のリメイク版を手掛ける交渉に入っている。

本紙ヴァラエティは、アントワーン・フークアが監督から降板したと最初に報じた。複数の情報筋によると、ユニバーサルはこの新しい指揮官との契約締結に近づいている。映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』に出演したディエゴ・ルナが、ブライアン・デ・パルマ監督によるオリジナル作品でアル・パチーノを一躍有名にした役を演じると見られていたが、新しい監督が確定した後も、彼がリストのトップに居続けられるかどうかは分からない。

テレンス・ウィンターが手掛けた脚本の草稿を、最近、コーエン兄弟がブラッシュアップした。

リメイク版の『スカーフェイス』は、ディラン・クラークとスコット・ステューバーがプロデュースする。1983年のオリジナル版をプロデュースしたマーティ・ブレグマンも、プロデューサーに加わる。スタジオは1932年に、最初に『スカーフェイス』の権利を取得した。

製作のエグゼクティブ・バイスプレジデントのジョン・モーネとバイスプレジデントのジェイ・ポリドロがユニバーサル側の監修を担う。作品は2018年8月10日に米劇場公開予定だ。

エアーは最近、Netflixによるウィル・スミス主演のファンタジー・スリラー映画『Bright(原題)』の監督を手掛けた。CAAと代理人契約を結んでいる。

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。