体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

酒飲み必見!爽ジンジャーエール味辛口+酒で「悪魔のアイス」爆誕

 アイスクリームなのに大人好みの辛口として話題となっている『ロッテ爽 ジンジャーエール味辛口』。シャリシャリとした感触が、こってりとしたクリーム系アイスが苦手な層に大受けし、「甘くなくて美味しい!」と大人気です。

 そして、この「ジンジャーエール味辛口」とビールを混ぜて飲んだらとんでもなく美味いとネットで話題になっています。夏日が記録されはじめた初夏。夏に向かって暑い日が増えつつある今日このごろ、これは試さずにはいられない……ということで、今回は話題のレシピから2つ、「+ビール」と「+ラム」の組み合わせを試してみましたよ!

■『爽 ジンジャーエール味辛口』+ラム酒で「悪魔のアイス」

 『爽 ジンジャーエール味辛口』にラム酒を提案して注目されたのは、ヤマネコさん(@ume_yamaneko)。混ぜるラムは熟成されたラムにスパイスや果実、バニラを加えたキャプテンモルガンがおすすめだそうですが、今回はちょっと手に入らなかったので、ダークラムの中でも定番のマイヤーズラムを使用しました。

ところで、爽のジンジャーエール味にラム酒ちょっと垂らして混ぜながら、ジェラートくらいの硬さになったところで食べると大変罪深い味がして良き。

ゴールデンラムが好きだけど、ホワイトラムでも美味しいです。 pic.twitter.com/eGs3sNm3Mw

— ヤマネコ (@ume_yamaneko) 2017年4月20日

 ヤマネコさんに教えていただいた通り、アイスにラム少量を入れ丁寧に練ってからお口に運びました。すると、ラムの風味がジンジャーエールの香りと抜群に合うのです……! もちろん入れすぎるとシャビシャビになってしまいますがあまりに美味しい組み合わせすぎてついつい、「あ、もうちょっと入れよう」「もうちょっと……」と……。 気をつけつつ少量を入れて練ると上品な大人のアイスに早変わりしますが、入れすぎると人をダメにする「悪魔のアイス」になるのでご注意を。

■『爽 ジンジャーエール味辛口』+ビールで「悪魔の酒」

 コップに『爽 ジンジャーエール味辛口』を入れてビールを注ぐとシャンディー・ガフになる!「んめーーーー!!!」というツイートが4月下旬に大注目されていました。この飲み方を紹介したのはTwitterユーザーの多紀さん(@kumakumataki)。

ジンジャーエール味の爽があるじゃろ。ビール用意するじゃろ。コップに爽を入れてビール注いで混ぜるじゃろ。キンキンのシャンディガフにたるじゃろ。んめーーーー!!! pic.twitter.com/p1Ietl40pi

— 多紀 (@kumakumataki) 2017年4月23日

 ネットでこれを目撃し、この連日の暑さ&多紀さんの「んめーーーー!!!」という叫びにつられてじゅるり。よし!やってみよう!ということでこちらも試してみました。まずコップにアイスを入れて、ビールをとくとくとくとくとくーと入れると……。さっぱり爽やかな風味が増して止まらなくなる、こちらも人をダメにする「悪魔の酒」へと見事な変貌を遂げていました。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。