体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

やってみませんか?預かりボランティア

岩手県盛岡市の中心部で保護猫カフェを運営しておりますNPO法人もりねこです。
もりねこにいる猫たちは皆、保健所などから保護されて新しい飼い主さんを待っている猫たちです。

のびのびと過ごしている彼らにも、それなりの過去があります。今度こそ、終生可愛がってくれる飼い主さまに繋げるのがもりねこの役割だと考えております。

さて、市中心部という好立地にあるということはもりねこの強みでありますが、悩みもあります。それはスペースに限りがあるということ。
テナントビルの1フロアを借りての営業ですので、隔離スペースの確保が難しく、FIV(猫エイズ)やFeLV(猫白血病)に感染しているキャリア猫たちの受け入れにはどうしても限界があります。

そこで、同ビルの5階にハンディ猫たちのためのシェルター「もりねこプラス タイコウクロノーブキャットシェルター」をオープン!

一般の方にも開放しているFIVキャリアの猫たちが過ごす専用ルームでは、現在11頭の猫たちが新しい家族のお迎えを待っております。

ガラス越しにご覧いただけるケアルーム。こちらには排泄のコントロールに問題があるアナちゃんや先天的に後足が途中から欠損している
やきいもちゃんが暮らしています。もちろん、譲渡ご希望の際には実際に触れ合っていただくことができます。

スペースが増えた!と喜んだものの、風邪などの感染症の子を隔離する部屋も欲しい、出産したばかりの親子が保護された際も隔離する必要がある…と考えると、やっぱりスペースが足りません。

一番の難題がFeLVキャリアの子の保護でした。スペースの限られたもりねこでは、他の子への感染を防ぐため、どうしてもケージでの飼育をせざるを得ません。なかなかのびのびとさせてあげられないのが悩みの種でした。

おびえてトイレにこもるトリュフちゃんも、FeLVキャリアであるため、フリーにできませんでした。
そんなとき、FeLVキャリアの猫たちを預かる「預かりボランティア」に手をあげてくださった方がいました!人馴れしているナナちゃんと、全然馴れていないトリュフちゃんの2匹を預かってくださるというのです。
ナナちゃんはともかく、トリュフちゃんは大丈夫かな?と若干の心配はありましたが、馴れていなくても大丈夫、とおっしゃっていただき、2匹をお預けすることにいたしました。

トリュフちゃんは現在、ケージから出ておうちの中を自由に過ごしております。まだまだ人には馴れないそうですが、環境には馴染んでリラックスした姿も見られるようになりました。

ナナちゃんとはすっかり仲良くなり、追いかけっこをしたりしているそうです。

1 2次のページ
にゃんこマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。