ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ウルフルズ、25年の歴史を辿る野音フリーライブに3000人が集結

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ウルフルズ、25年の歴史を辿る野音フリーライブに3000人が集結

5月13日、ウルフルズがデビュー25周年を迎えた。その25年を記念して、5月20日に東京・日比谷野音音楽堂でフリーライブ「ウルフルズ フリーだぜ!!野音で25祭」が開催された。

朝から晴天に恵まれ、10:00から入場券を配布したが、限定の3000枚はすぐに規定枚数に達し配布終了。18:00に開場すると皆ダッシュで前方の席を確保し、一気に満員になり、会場はチケットを入手した3000人の観客で溢れかえった。

18:30になると、新曲「せやなせやせや人生は」のイントロが流れ、メンバーがステージから登場をするかと思いきや、会場後方からメンバーが登場。黄色のジャケットを羽織ったトータス松本、昔からトレードマークであったピンクのマラボ―を首から下げたギターのウルフルケイスケ、黄色のシャツに白いジャケットを羽織ったベースのジョンB。黄色のベストを着たドラムのサンコンJr.。それぞれが黄色をポイントにした衣装を着て登場した。

このサプライズの登場に、会場からは歓声が沸きおこる。ウルフルズのメンバーは、それぞれ会場に集まったファンに手を振ったり、ハイタッチをしながら、会場をゆっくり練り歩き、ステージに上がった。

まずは、92年のデビュー曲「やぶれかぶれ」からライブがスタート。しみじみとこの楽曲に浸り、懐かしみながら聴くファンの姿。そしてこの曲をリリースした25年前を振り返るように、メンバーもパフォーマンスしているかのようで、会場が温かい空気に包まれた。そして、ライブで演奏するのもかなり久しぶりな「すっとばす」、トータス松本のスライドギターが鳴り、ファンにもおなじみの人気曲「借金大王」と続く。

その後は「ガッツだぜ!!」「バンザイ〜好きで良かった〜」「笑えれば」とヒット曲を惜しみなくパフォーマンスし、会場のテンションは上がりっぱなし。「ただ頑張って音楽やっていたら、25年が経っていました。こうやって、今、自分で言えているのがいいなと思います」とサンコンJr.。MCではそれぞれの25周年の感謝の気持ちを伝えた。

そして、「ええねん」「バカサバイバー」と勢いある楽曲をパフォーマンスし、ファンも一緒に歌い、手を挙げる。会場がさらにヒートアップしてくると、4年半の活動休止を経て2014年に復活したウルフルズが一発目に世に打ち出した「どうでもよすぎ」を演奏、メンバーのテンションも最高潮に達した。

5月24日にリリースされるアルバム「人生」からは「せやなせやせや人生は」、本編最後にはアルバムのリード曲「バカヤロー」を熱唱。今まで数多くの応援ソングをリリースしてきたウルフルズだが、25周年にふさわしい新しい応援歌として話題の楽曲だ。25周年をお祝いしようと集まったファンは、この「バカヤロー」をしみじみと聴き入り、涙を拭うファンもいた。

会場にはファンにはお馴染みのアンコールがわりの「A・A・P(アホアホパワー)!!!」コールが鳴り響き、再度メンバーが登場。そしてやはり最後は、ウルフルズのライブでは定番のラストソング「いい女」を披露。今回、会場に入ることのできた3000人のファンともにこの25周年をお祝いすることができたことに感謝を伝え、温かい大歓声のなか、ライブは幕を閉じた。

セットリスト
M-1:やぶれかぶれ
M-2:すっとばす
M-3:借金大王
M-4:ガッツだぜ!!
M-5:バンザイ〜好きでよかった〜
M-6:笑えれば
M-7:ええねん
M-8:バカサバイバー
M-9:どうでもよすぎ
M-10:せやなせやせや人生は
M-11バカヤロー
En:いい女

関連リンク

ウルフルズ オフィシャルサイトhttp://www.ulfuls.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。