ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

たまには食べたい!都内の“限定プレミアム”バーガー3選

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

アメリカ人のみならず日本人も大好きなハンバーガー。定番のマ○クもいいけれど、たまにはちょっとリッチな雰囲気でプレミナムなバーガーが食べたくなるもの。そこで、都内のゴージャスな雰囲気のお店で食べられる、「期間限定」のバーガーを3つ紹介しよう。気の置けない友人やカレとトライしてみてはいかが?


1.ウルフギャング・ステーキハウスの「ウルフギャング・バーガーマンス」
オープン以来大人気の、NY発祥のステーキハウス「ウルフギャング・ステーキハウス by ウルフギャング・ズウィナー」。ここで、5月11日(木)から6月30日(金)までのランチタイム(11時30分~14時30分LO、大阪店 11時~)限定で提供されているのがコレ。期間中は、通常販売しているクラシックバーガーに加え、同店アメリカ国内の所在地(ニューヨーク、ワイキキ、マイアミ、ビバリーヒルズ)をイメージしたオリジナルバーガー4種類と、国内各店の“ご当地バーガー”1種類、各店計6種類のハンバーガーが食べられるというモノ。

都内にある六本木店ではカイザーロールにドライエイジドサーロインステーキ、トマト、グリルドオニオンなどを豪快に挟んだ「ドライエイジド ステーキバーガー」2800円(税・サ料別)が、丸の内店ではプライムグレードの100%ビーフパティ280gのクラシックバーガーにフォアグラを挟んだ「プライムビーフ&フォアグラバーガー 湘南野菜のコールスロー添え」2600円(税・サ料別)が食べられる。どちらもこの機会にぜひ押さえておきたい逸品だ。


2.ハードロックカフェの「ワールドバーガーツアー 2017」
次も、日本に居ながらにして海外旅行気分が楽しめる(?)期間限定バーガーを。5月15日(月)~7月17日(月・祝)の期間限定で、同店海外7カ国・8都市のハードロックカフェで販売されているご当地バーガーが食べられる企画だ。6月18日(日)までは期間を前後2期に分けた前半・第1期のツアーを開催中。米・メンフィス、ロンドン、ローマ、ホーチミンの“ご当地バーガー”が提供されている。

中でも注目はロンドンの「イングリッシュ ブレックファースト バーガー」。パテにグリルしたハム、ソーセージ、フライドエッグを挟んだ、イギリスの “フル・ブレックファースト”が楽しめる豪華版だ。価格は各2180円(税・サ料別)。


3.トニーローマのスペシャルメニュー「ナチョバーガー」
アメリカ発祥のバーベキューリブ専門レストラン 「トニーローマ」で5月30日(火)まで食べられる期間限定バーガー。メキシコの祝日 “シンコ・デ・マヨ”(5月5日)を記念したメニューで、メキシコを代表する青唐辛子ハラペーニョのフライ、トルティアチップス、モントレージャック&チェダーの2種のチーズをジューシーなビーフパティとともにバンズでサンドしてある。価格は1680円(税抜)。5月30日(火)までなので、食べたくなったらすぐにお店にGO!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。