体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

開発者を泣かせた『あずきバー専用かき氷機』発売へ 試作第6号でついに完成

 アイス界のダイヤモンドこと『あずきバー』ですが、今年もそろそろ暑くなりだしたので食べたくなってきている人も多いのではないでしょうか? そんな中、6月29日にあずきバー専用のかき氷機がタカラトーミーアーツの『おかしなシリーズ』から発売されることになりましたよ!!

 『おかしなシリーズ』は誰もが知っているような身近な食べものを“簡単アクション”でより楽しく美味しくアレンジしようというコンセプトの商品。 今回、シリーズ新商品として挑んだのが井村屋より販売されている、年会販売本数2億5000万本以上の国民的人気アイスキャンディー・あすきバー。無香料・無着色の昔ながらの製法で作られるあずきバーは、その美味しさもさることながら「固さ」でも度々話題になり「世界一固いアイス」とも言われています。

■あずきバーに敗北しつづけようやくたどり着いた第6号機

 タカラトミーアーツはこのあずきバーをふわふわのかき氷にしてみたいという想いで、2016年9月から商品開発を重ね試行錯誤したそうです。

 安全面やコストなどの点を考慮し、数ヶ月の構想ののち試作1号機を完成させたものの、社内の検証でうまく削ることができず再検討することに。
改善点を洗い出し、試行錯誤を重ねてようやく試作機を井村屋に持ち込んだものの、プレゼンテーションの場であずきバーの固さに敗北し壊れてしまいました。さらに何度も井村屋を訪れ、担当者の目の前であずきバーを削ろうとしては失敗するということを繰り返したんだそうです。

 そして、ようやく第6号機目にしてやっとキレイなかき氷をつくることに成功!! うーん、涙なくしては読めない誕生秘話ですね。

【完成品に至るまでの歴史】

・第1号機
第1号機はあずきバーを2本の強力なバネで固定しプラスチックの刃で削る仕様でした。しかし、バネの力不足で半分くらいまでしか削ることができず断念。

・第2号機
第2号機はあずきバーを下へ押し込みながら削る仕様のものでしたが、途中でハンドルが折れてしまう事態に。

・第3号機
サイドハンドルタイプの第3号機は回転に対する負荷を軽減したところ、ハンドルが重すぎて回し進めることができず断念。

・第4号機
三枚刃タイプに改良するも、改良があだとなり抵抗を高めてしまい第4号機もハンドルが重すぎる結果に……。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会