ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

鎮痛剤はくれないの!? 油断していた後陣痛、悶絶しながら夜明けまでひとりで耐えた

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguope01:20161026203808j:plain

初めての出産は、想像していたよりもずっと壮絶で、そして感動的なものでした。

赤ちゃんの産声を聞いた瞬間は、人生で1番最高の充実感を感じたものです。

出産後はすぐに食事をとり、友達に「産まれたよ!」とメールを送信したり、SNSに投稿してみたり…。夫や母と出産談義をしてみたり…。

興奮がなかなか冷めやらぬ状態でした。

しかし、消灯時間の9時を過ぎた頃から、急激な眠気に襲われました。

前期破水から陣痛促進剤で出産に至った私は、前日から緊張のためほとんど眠れていなかったからでしょう。

赤ちゃんも無事に生まれ、私の体の状態も万全、何より大きくて横向きにしか眠ることが出来なかったお腹も、もう何も気にせず仰向けだろうがうつ伏せだろうが好きな体勢で眠ることが出来るのです。

私はとても開放的な気分でした。

そのまま私は久しぶりにゆっくりと眠ることが出来たのです。

「うぅ、い、痛い!!」

私が下腹部の痛みで目を覚ました時、病室はほぼ真っ暗でした。

携帯で時間を確認すると午前1時。

あまりの痛みに、私は体をくの字に曲げて狭いベッドの上でのたうち回りました。

この痛みには覚えがあります。

それは「生理痛」。

私は妊娠前、生理痛がかなり重く、鎮痛剤が必須でした。

仕事はもちろんのこと、ただ横になっていることすら困難なほどの痛みに襲われ、それは大袈裟でもなんでもなく、床をのた打ち回るほどだったのです。

今回の痛みもその生理痛と、全く同じものでした。

「これが噂の後陣痛か…」

母から聞いたり、出産準備本でも読んだことがあった、後陣痛。

しかし、初めての出産では、痛みの強い後陣痛はほとんど起こらないと聞いていたものですから、予想外の出来事に私はとても驚きました。 関連記事:2人目出産で初めて知った後陣痛。授乳のたびの強烈な痛みで泣き笑い!

それと同時に、後陣痛の時は病院から鎮痛剤をもらって楽になったという体験談を雑誌で読んでいたので、いよいよナースコールを押すべきかと悩みます。

「う、うぅ、うううう」

病室には他にも妊婦さん達が入院していますから、こんな夜中に声を出すわけにはいかないのですが、どうしてもうめき声が漏れてしまいます。

あまりの痛みに悶絶し、私はベッドの頭上にある柵を両手で握りしめていました。

冷や汗がダラダラこぼれ落ちます。

すると、私の異変に気がついたのか、懐中電灯を持った助産師さんが現れました。

「どうされました?!」

「すみません、お腹が…下腹部がかなり痛いんです…」

助産師さんは、

「後陣痛ですね…初めての出産で痛みが出る方はあまりいないのですが…」

と困ったような顔で言いました。

「そうですよね…。かなり痛みがひどくて眠れなくて…」

薬持ってきましょうか?とでも、言ってくれるだろうかと期待したのですが、助産師さんは「うーん」と困った顔をするだけでした。

「あのですね、お薬とかって頂けないんですかね?」

なかなか助産師さんが切り出してくれないので、思い切って聞いてみたのですが、助産師さんは浮かない顔をしています。

「薬は一応あるんですが……弱い薬しか使えないから、あまり効かないと思うんですよねぇ」

やっぱり浮かない顔の助産師さん。

あまり薬は出したくなさそうな顔をしていましたので、私はそれ以上薬の処方をお願い出来ませんでした。

普通は鎮痛剤を出してくれる病院が一般的だと思うのですが、なぜ出してくれなかったのかは分かりません。特別にそういう方針の病院だったのか…この助産師さんの意向だったのか…。

その夜、私は朝まで眠ることが出来ずに、小さなうめき声を上げながら、ひたすら痛みに耐えることとなったのです。 関連記事:産めば産むほど痛くなる?想像を絶する痛みだった3人目の後陣痛

結局、ここまで後陣痛の痛みがひどかったのは出産した当日の夜中のみで、朝方にはだいぶ楽になり、あとは搾乳の時に痛む程度でした。

陣痛や出産時の痛みに比べれば、後陣痛は大したことないと思われるかもしれませんが、私の場合は間隔のない陣痛がずっと続いているような痛みでした。

出産でもあんなに痛みに耐えたのに、産後にもまさか悶絶するほどの痛みに出くわすことになるとは…。

出産の苦労の奥深さを知った瞬間となりました。

著者:かつどん子

年齢:30代

子どもの年齢:4歳・2歳

男の子2人のママ。毎日元気に走り回っている2人を後ろから必死に追いかける日々。趣味はドライブと食べること。週末は美味しいものを求めて家族みんなでお出掛けしています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

恥ずかしいなんて言ってる場合じゃなかった! 育児に追われて放置した便秘の結果…
2人目出産で初めて知った後陣痛。授乳のたびの強烈な痛みで泣き笑い!
たくさんのダメージ

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。