体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

認知症介護小説『その人の世界』vol.25 私に言わせれば


まえがき

今回の物語は、前回の物語(認知症介護小説『その人の世界』vol.24)と全く同じ場面を描きました。主人公は、前回の主人公の隣の席の女性です。ふたつの物語を並べて読み比べると、新しく広がる世界があるでしょうか。

本文

こういうのが一番困るのよ。

何をきいても返事をしない。せっかく教えているのに、覚える気があるのかないのか分からない。

この私、女学校の頃は学級委員だった。人をとりまとめることが多く、部品工場に勤めていた時はパートの女性たちのリーダーを任されていた。会社の親睦会を仕切ったり、ママさんバレーでもキャプテンだった。

人の世話をするのは苦ではない。子どもの頃から6人兄弟の面倒をみてきたし、向いていると思うこともある。だから今の職場でリーダーを頼まれた時も、快く引き受けた。

世の中いろんな人がいることは充分承知している。それでもやっぱり、面倒をみていてどうしても困る人はいる。仕事に対する意欲と責任感が感じられない人。こういうのが一番困る。

「だから、さっき言ったでしょう」
私は隣の席のおばさんに箱の折り方を教えていた。
「四つ折りにしたら、次は開くのよ」
「次は開く……」
指先でつまんだ紙を見つめたまま、隣のおばさんはまた固まってしまった。これでもう何度目だろう。この間も教えたし、今日だってそれと全く同じことを丁寧に伝えている。けれどこのおばさんは毎回動きが止まってしまう。ぼんやりしているようにも見える。

「分からないの?」
つい、口調が強くなる。私の教え方にも問題はあるのかもしれないけれど、それなら何か言ってくれないと変えようがない。相手は俯いたまま眉間に皺を寄せている。何か不満があるといった顔だ。

「黙ってたらこっちも分からないでしょう。何か言ってくれないと」
学校の教室ほどの広さの部屋に、ふたつつなげた長方形のテーブルが置いてある。そこで作業する数人の人たちは同じ箱を折っているけれど、ときどきリーダーの私がみてあげないと間違える人がいる。正直なところ、この人にだけかかりきりにはなっていられない。

「こんな簡単なことが分からないの? 開くってだけなのに」
意識せずともため息が出た。開く、という以外に説明のしようがない。それでも相手は動く気配がない。こういう新人は滅多にいない。どんな場所でも、教えてもらう姿勢というものがある。

「こういうことは、あまりやったことがなくて……。得意じゃないっていうか、好きじゃないっていうか……」
こちらを見ようともせずに隣のおばさんは声を上ずらせた。

「はあ?」
私はすっかり呆れて、その図々しい姿をまじまじと見た。
「あなた、ここで一番新しいんでしょう? こんなことね、私だってやりたくてやってるわけじゃないのよ。やれと言われているし、他にやることがないからやっているの。ここでこれをやりたくないって言ったら、あとはただぼおっと座っているだけなのよ」

仕事というのはそういうものだ。何もかも得意なことばかりなんてあり得ないし、やりたいことばかり選べるわけでもない。与えられたことを精一杯やればいいし、やりたくないなら辞めればいい。

相手は下唇を噛んで一点を見つめていた。やはり何も言わない。
「あなたみたいな人がいると、なんだか教えている自分が情けなくなってくるわ。新人のくせに、何も覚えられないで言うことだけは一人前なんだから」
「すみません……」

リーダーの言うことだから一応謝ったという感じの言い方だ。こういう人が全体の輪を乱す。せっかく意欲のある人に影響しないうちに、手を打たなければならない。

「この人、無理だと思うよ」
私が声の音量を上げると、離れた台所でお茶を淹れている男の人は急須を置き、こちらへ歩いてきた。まだ若いけれど私の上司だ。
「どうしました?」
「あのさ」

ここははっきり言わなければ示しがつかない。
「この人、みんなと同じことができないのよ。私が何度教えてもできないし、何が分からないのかきいても返事もしないし。言ったかと思えば、こういうのは好きじゃないとか。そんなのさ、やってる人たちに失礼じゃない。帰らせてあげれば」

これぐらい言わなければ効果がない。この上司はかなり甘いところがある。新人教育は初めが肝心で、ここでしっかり締めておかないと後が大変なのだ。

1 2次のページ
認知症ONLINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。