ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

Uberの「空飛ぶシェアカー」は、通勤革命になり得るか。

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Uberの「空飛ぶシェアカー」は、通勤革命になり得るか。

少し前にリリースされた「空飛ぶタクシーで時間をかけずに出勤できる!」なんていう、SFのようなニュース。

アメリカの配車アプリを運営する「Uber」は、空飛ぶクルマをシェアして、通勤をお手頃にできる構想を10年以内に実現させたい、と言うのです。

もう少し詳しく見ていきましょう。

空から出勤して
「通勤」を時短!

Uberの「空飛ぶシェアカー」は、通勤革命になり得るか。

Uberが構想する空飛ぶ車は「垂直離着陸機(VTOL)」と呼ばれる、ヘリコプターのように垂直に飛び上がれる機体。

滑走路が要らないため、ビルの屋上のようなスペースに専用飛行場を開設することができます。この専用飛行場間を、時速160kmでひとっとび、という計画だそう。地上よりも障害物が少ないことで最短距離のルートを取れることに加え、高速道路以上のスピードが出せるため、とても効率的に移動できるというもの。

基本的には相乗りで使用することを想定していて、15分程度の空の旅ならば一人あたり2,200円ほどになる予定だとか。感覚的にはタクシーを利用するのとあまり変わないかもしれません。

「家やオフィスのすぐ近くで発着陸なんて、うるさくないの?」と思うかもしれませんが、VTOLは通常のヘリコプターなどに比べると非常に静かな飛行機を想定。もちろん騒音対策は必要になりそうですが、非現実的というほどではありません。

テスト運転を
ドバイでスタート

Uberの「空飛ぶシェアカー」は、通勤革命になり得るか。

ただしVTOLを街中で飛ばすためには、航空業界や各国の規制を遵守する必要があります。地方政府、州政府、連邦政府機関、すべての許可を取らなければなりません。

この課題をアメリカで解決するのはとても困難で、また専用飛行場を作るためのインフラの整備も必要になることを考え、Uberの最高製品責任者Jeff Holden氏は、最初のデモ飛行場として、ドバイと提携。

Holden氏は2020年までにドバイでデモ飛行を成功させ、2023年には運用を開始する予定だとか。ブラジルの旅客機メーカー「エンブラエル」をはじめ複数の航空機メーカーやNASAとも提携し、Uberはこの壮大なプロジェクトを進めています。

朝起きて、まず空を飛ぶ生活。

考えるだけでもワクワクしますが、日本での実現も気になるところ。Licensed material used with permission by © 2017 Uber Technologies Inc.

関連記事リンク(外部サイト)

空飛ぶタクシー「運用まであと8年」は、かなり現実的かも。
Uberが、車ではなく「ヘリ」をスマホで予約できるサービスを開始!
あなたは、「空を飛ぶ夢」をみたことがありますか?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。