体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

超簡単!一手間でパッと華やぐ「缶詰レシピ」【栄養士監修】

超簡単!一手間でパッと華やぐ「缶詰レシピ」【栄養士監修】
手軽で簡単に食べることのできる缶詰は、食卓の強い味方ですよね。

非常食としても活躍する缶詰はストックとしてたくさん買っておくこともできて便利です。

今回は栄養士の横川先生に「一手間でパッと華やぐ缶詰レシピ」を教えていただきました。

缶詰を食生活に取り入れる利点

超簡単!一手間でパッと華やぐ「缶詰レシピ」【栄養士監修】

保存方法が簡単

缶詰は一度にたくさん買い置きしても完全に密封して加熱殺菌したもののため長期保存が可能、必要な時に手軽に使え便利です。

そんな缶詰は、そのまま缶をあけて手軽に食べられることはもちろんのこと、ほんのひと手間を加えればいつもと違った美味しいメニューに変身。

1人暮らしの方や、多忙な日々を過ごし方などにおすすめの食材です。

魚の調理がしやすい

また魚などの調理が億劫な方でも缶詰では丸ごと食べやすいです。

日本人に不足しがちな魚の成分であり、脳機能を高め、血液をサラサラにしてくれる効果が期待できるDHA ・EPA(必須脂肪酸) もとりやすいメリットもあります。

使いかけの缶詰の保存方法

魚介類の缶など

超簡単!一手間でパッと華やぐ「缶詰レシピ」【栄養士監修】
魚介類の缶詰によくある塗装した缶の場合、余った中身をそのまま入れて冷蔵庫で保管しても大丈夫です。

しかし、一度缶を開けたものはどんなものでも、外から微生物などが入りやすく、腐りやすくなります。そのため、空気が触れない容器に移し替える方がベストです。

果物缶など

超簡単!一手間でパッと華やぐ「缶詰レシピ」【栄養士監修】
内面を塗装していない果物缶のようなブリキ缶に詰めたものは、中身を缶に入れたまま保存するのは止めましょう。空気に触れたことでスズが解けやすくなっているからです。

そのため、必ず容器を移し替えて、冷蔵庫で保存することが大切です。冷蔵庫に入れても保存は2~3日程度を目安とし、できるだけ早めに使い切るようにしましょう。

缶詰を美味しい料理に変身させるポイント

超簡単!一手間でパッと華やぐ「缶詰レシピ」【栄養士監修】

味は缶詰の塩分によって調整

缶詰の特徴として常温で長期保存向けに開発された保存食なので塩分が含まれているのが基本。そのため、料理に使う際は、その塩分に合わせて味付け、食材をチョイスするのがポイントです。

例) 白菜、キャベツ、もやしなど水分の多い野菜や、豆腐など水分の多い食材を使い塩分を薄めるのも1つの手となります。

缶詰の臭いが気になる場合は、缶汁をきって使う

缶汁は料理のコクや旨味をプラスする時に使えますが、オイル臭、素材臭など、缶詰独特の臭いが気になる場合もあります。その際は、缶詰の汁はきり、中身は熱処理をすることで臭いが和らげましょう。

また、香りのある野菜や香辛料を使って臭いを緩和させるのもおすすめです。

一手間でパッと華やぐ缶詰レシピ

超簡単!一手間でパッと華やぐ「缶詰レシピ」【栄養士監修】
1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。