体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

千年前から街を見下ろす皇帝の城、ドイツ・ニュルンベルクの「カイザーブルク」が面白い

南ドイツ第2の都市・ニュルンベルクのシンボルといえば、「カイザーブルク」。1000年も前から街を見下ろしてきた皇帝の城は見どころが満載です。

ニュルンベルクで絶対に見逃せないカイザーブルクの魅力に迫ります。

神聖ローマ皇帝の城・カイザーブルク

1000年前から街を見下ろす皇帝の城、ドイツ・ニュルンベルクの「カイザーブルク」が面白い
古城街道沿いにある南ドイツ第2の都市、ニュルンベルク。全長5キロの城壁に囲まれた旧市街には、レンガ色の風情ある街並みが広がっています。

1000年前から街を見下ろす皇帝の城、ドイツ・ニュルンベルクの「カイザーブルク」が面白い
そんなニュルンベルクのランドマークが、街を見下ろす高台にそびえる「カイザーブルク」。1050年にハインリヒ3世によって建てられ、11世紀半ばに増築されて現在のような姿になったといわれています。

「カイザーブルク」とは、「皇帝の城」の意味。その名の通り、1050年から1571年までのあいだ、神聖ローマ帝国の皇帝たちが領土を周る折に滞在した権力の象徴でした。

1000年前から街を見下ろす皇帝の城、ドイツ・ニュルンベルクの「カイザーブルク」が面白い
(C) Haruna Akamatsu

旧市街から坂道を歩いていくと、その姿を現すカイザーブルク。堅牢な城壁に囲まれた巨大な城砦は迫力満点です。

二重構造の礼拝堂

1000年前から街を見下ろす皇帝の城、ドイツ・ニュルンベルクの「カイザーブルク」が面白い
(C) Haruna Akamatsu

1200年ごろにロマネスク様式で建てられた礼拝堂は、カイザーブルクのなかでも特に重要な場所。上部と下部が同じつくりの二重構造になっていて、上階にあるホールや皇帝の居室と直接行き来ができるようになっていました。

1000年前から街を見下ろす皇帝の城、ドイツ・ニュルンベルクの「カイザーブルク」が面白い
(C) Haruna Akamatsu

派手さはありませんが、800年以上も前に建てられた神聖な礼拝堂からは、歴史の重みがひしひしと感じられます。壁や支柱の美しい彫刻にも注目してみてください。

木組みの建物が並ぶドイツらしい風景

1000年前から街を見下ろす皇帝の城、ドイツ・ニュルンベルクの「カイザーブルク」が面白い
(C) Haruna Akamatsu

レンガ造りの質実剛健なカイザーブルクは、日本人がイメージする典型的な「ヨーロッパの城」とは少し違うかもしれません。

1000年前から街を見下ろす皇帝の城、ドイツ・ニュルンベルクの「カイザーブルク」が面白い
(C) Haruna Akamatsu

ここでは、木組みの建物や、建物を彩る花々が素朴で温かな雰囲気を醸し出し、どこかメルヘンチックな空気が漂っています。「神聖ローマ皇帝の城」と聞くと、荘厳で豪華絢爛な城を思い浮かべるところですが、こんなお城はドイツならではではないでしょうか。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。