ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

充電5分で480キロ超を走行!StoreDotが画期的なEV用バッテリーを開発中

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

EV用超高速バッテリーを開発するStoreDotスマートフォン向け充電器メーカーとしても知られるイスラエルのスタートアップ企業「StoreDot(ストアドット)」が、わずか5分間で300マイル(約483キロメートル)を走行可能な電気自動車(EV)用バッテリーの開発をすすめている。

現在、生産プロセスを加速化させるべく、アジア企業との提携を模索しており、3年以内には、市場化したい方針だ。

・より高速かつ安全に充電でき、環境にやさしいEV用バッテリー

FlashBatteryの仕組みこの超高速バッテリーは、ナノ素材と有機化合物を層状に組み合わせた独自技術「FlashBattery」により、従来の電気自動車用バッテリーに比べて、より速く、より安全に充電できるのが特徴。

「FlashBattery」は、燃焼温度が高く、不燃性であるため、従来のリチウムバッテリーで用いられるグラファイト(黒鉛)に比べて安全性が高く、有機化合物を活用しているため、環境にもやさしいという。

・EV用バッテリーも超高速の時代へ!?

ちなみに、米電気自動車メーカーのテスラモーターズが現在運営する無料充電スタンド「スーパーチャージャー」で30分間充電した場合の走行可能距離は、170マイル(約274キロメートル)。

「StoreDot」が開発中の「FlashBattery」が実用化されれば、既存のバッテリーよりも大幅に充電時間が短縮される。

多くのバッテリーメーカーが充電1回あたりの走行距離を伸ばすことに注力する一方で、充電時間の短縮を追求する「StoreDot」の取り組みは、バッテリー技術の多様化につながる点からも、注目を集めている。

StoreDot

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。