体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

猫のニタマ駅長、見習いのよんたまに会いに!ローカル線・和歌山電鐵貴志川線の旅

猫の駅長として一躍有名になった「たま」。2015年に「たま」が永眠してからは、新駅長の「ニタマ」と駅長見習いの「よんたま」がその遺志を引き継いでいます。

猫の駅長に、楽しいラッピング車両、心癒される田舎の風景と、知られざる魅力が満載の和歌山電鐵貴志川線をご紹介しましょう。

伝説の猫の駅長「たま」

猫のニタマ駅長、見習いのよんたまに会いに!ローカル線・和歌山電鐵貴志川線の旅
(C) Haruna Akamatsu

和歌山市の和歌山駅と、紀の川市の貴志駅を結ぶローカル線、和歌山電鐵貴志川線。利用者の少なさから、一時は廃線寸前の危機に直面していました。実は、筆者の実家の最寄り駅は貴志川線の駅。子どものころから「貴志川線がなくなる」という噂を何度も耳にしていました。

経営難にあえぐ貴志川線を救ったのが猫の駅長「たま」。「たま」をひと目見ようと、国内外から観光客が訪れるようになり、貴志川線の利用者が増加。貴志川線再生に向けて、大きな貢献を果たしたのです。

世界的にも珍しい「猫の駅長」は、日本国内のみならず海外でも注目を集め、フランスのドキュメンタリー映画「ネコを探して」にも出演しました。2015年の死去に際しては、中国や韓国といった隣国のメディアはもちろんのこと、イギリスのBBCやアメリカのCNNなど、欧米の主要メディアにも取り上げられるほどのニュースとなったくらいです。

猫のニタマ駅長、見習いのよんたまに会いに!ローカル線・和歌山電鐵貴志川線の旅
(C) Haruna Akamatsu

その死後、「名誉永久駅長」の称号を受けた「たま」は、貴志駅の「たま神社」に祀られ、いまも駅と利用者を見守っています。

たまⅡ世の駅長「ニタマ」と駅長見習いの「よんたま」

猫のニタマ駅長、見習いのよんたまに会いに!ローカル線・和歌山電鐵貴志川線の旅
(C) Haruna Akamatsu

現在、貴志駅で駅長業務に励んでいるのが、たまⅡ世の「ニタマ」。「ニタマ」の名前は、「たま」に似ていること、そして「たま」の後継者、たまⅡ世であることに由来しているのだそうです。

「たま」が平仮名なのに、「ニタマ」がカタカナ表記なのを不思議に思いませんか? それはニタマがペルシャ猫のように毛足が長く、洋風の雰囲気を醸し出しているからなのだそう。いつ見ても、新駅長にふさわしい貫禄たっぷりです。

猫のニタマ駅長、見習いのよんたまに会いに!ローカル線・和歌山電鐵貴志川線の旅
(C) Haruna Akamatsu

そして、2017年1月に駅長見習いとしてデビューしたのが「よんたま」。伊太祁曾(いだきそ)駅で、新入りらしく、初々しい可愛らしさを見せてくれています。

駅長の「ニタマ」と駅長見習いの「よんたま」は、それぞれ貴志駅と伊太祁曾駅、別々の駅に勤務しています。基本的に休日は両者ともに出勤していますが、日によって出勤状況は異なります。勤務スケジュールが変更になることもあるので、和歌山電鐵のホームページで出勤日と時間を確認してから会いに行ってくださいね。

世界で唯一、猫の顔をした檜皮葺き屋根の貴志駅

猫のニタマ駅長、見習いのよんたまに会いに!ローカル線・和歌山電鐵貴志川線の旅
(C) Haruna Akamatsu

現在「ニタマ」が勤務する貴志駅の駅舎は、世界で唯一、猫の顔の形をした檜皮葺き屋根をもつ駅舎。「世界一の地方駅舎」を目指し、職人技を生かして造り上げられた、ここにしかない駅舎です。

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。