体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

子供時代に感じた恐怖との再会 アクションADV『リトルナイトメア』

子供の頃は、恐怖がもっと身近にあった。建物の影、知らない道、そっと這い出てくる夜の闇。そこには得体の知れない何かが潜んでいて、じっとこちらを見つめている。そいつらに捕まったら最後、助けを呼ぶ声も届かない、誰も知らないどこかへ連れて行かれるのだと、そう信じていた。

Little Nightmares リトルナイトメア_20170428192723
 
『LittleNightmares-リトルナイトメア-』は、そんな子供時代に感じた不気味な恐怖を描いたアクションアドベンチャーだ。LBPシリーズにも携わったスウェーデンのデベロッパー Tarsier Studiosによって、かつては『Hunger』というタイトルで開発が進められていた。発表以来その不気味でキュートなビジュアルが注目され、去年の8月に開かれたgamescom Award 2016ではインディーアワードも受賞している。

内容としては、ジャンプ・しゃがむ・掴まるといった基本的なアクションを主体に、ステルスと環境パズルを含んだオーソドックスな作りとなっている。

主人公は黄色いレインコートを着た「シックス」という名前の幼い少女で、気がつくと“胃袋”という意味を持つ巨大な船舶「モウ」の中で目を覚ました。プレイヤーは彼女を導き、その船と呼ぶには余りに巨大で奇妙な構造をした監獄からの脱出を目指す。

海中に佇む謎深き船「モウ」

シックスが目覚めたのは「モウ」の最深部、そこはもっとも暗く冷たい空気で満ちている。そこかしこに死のイメージが転がり、海のただなかに建つがゆえ波に揺られて、部屋は常にゆっくりと動いている。

その名が示す通りまるで巨大な生物の胃の中にいるかのような、心理的な圧迫を感じるだろう。シックスはライターの明かりだけを頼りに、生き血に誘われ這い寄ってくるヒルから逃げ、巨大な家具が配置された部屋、血の臭いに満ちた台所、大量のご馳走が並べられたゲストルームと、知恵と勇気を振り絞り、出口があることを信じて上へ上へと進んでいく。

Little Nightmares リトルナイトメア_20170428171324
 悪夢にうなされ目覚めるシックス、ここから少女の脱走劇が始まる
 
Little Nightmares リトルナイトメア_20170428171916
 船内では象徴的に吊り下げられた多くのものを見ることになる
 
また「モウ」には、シックス以外にも多くの子供たちが囚われている。さらわれてきたのか、あるいは自ら迷い込んだのかは不明だが、檻の中で不安と恐怖に駆られてうずくまり、まったく生気を感じられない。逃げ出そうとした者もいたようだが、その試みは最も残酷な形で失敗を告げられている。船内の至る所に配置された巨大な“目”の意匠が、「誰もここからは逃げられない」と暗に語っているかのようだ。
  
Little Nightmares リトルナイトメア_20170428180804
 子供たちをどこかへと連れ去っていく長い腕
 
Little Nightmares リトルナイトメア_20170428173733
 逃げ出そうとする者を監視する“目”

幼い日の恐怖が具現化したかのような奇妙な住人たち

1 2 3次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会