ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

指1本で測定!日本発、体内の糖質を測るヘルスモニター「caboc」が発売開始へ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
caboc_1糖質制限ダイエットに代表されるように、糖分を適切に摂取することで、健康管理していこうという動きが、世界的に広がっている。肥満や生活習慣病の減少にもつながるそうなので、見逃すわけにはいかない。

ヘルス系デバイスの開発を行うE3社がリリースしたのは、指1本で糖質を測定できる「caboc」という製品。体内に取り込まれた糖質がどのように変化していくか、その推移をアプリ上に可視化する。

・わずか60秒で糖質指標を算出

caboc_2その技術を実現したのは、非侵襲での血糖レベル測定方法MHC(Metabolic Heat Confirmation)方式を応用した、独自の算出アルゴリズム。血中のブドウ糖が酸化する際に発する放熱量(代謝熱)と酸素供給量(血流速度、血中酸素飽和度)との相関関係を用いて、糖質指標「caboc」を計算していくというもの。

測定時間は、わずか60秒。アプリで食事状態(食前、食後1時間など)を選択し、接続状況を確認。あとは本体に、指を差し込むだけでいい。複数のセンサーで、糖質量の推定値算出に必要なデータを同時に取得。結果は即、スマートフォンに表示される。消耗部品の継続購入は不要。追加費用も、もちろんなし。環境にもお財布にも優しい製品だ。

・定期的な測定で健康を維持

caboc_3「caboc」が測定するのは、糖質だけではない。脈拍/ヘモグロビン(推定値)/酸素飽和度の計測も行う。むしろ、それらの測定結果を元に、糖質指標が導き出されているわけだが、単体の結果だけでも、さまざまな場面で役だてることは可能だ。

開発元は、定期的な測定を推奨。糖質の増減をきちんと管理することで、健康を維持しようと提唱している。本体の購入は、ホームページの申し込みフォームから。アプリは、iOS、Androidともに対応している。

caboc

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。