ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ゆらゆらと宙に浮かぶ電球「FLYTE」の中毒性

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ゆらゆらと宙に浮かぶ電球「FLYTE」の中毒性

私たち人間は、とどまることなくゆらゆらと漂うものに、自然に惹かれてしまうのかもしれない。だからこそ、なのだろうか。こうした「浮遊系インテリア」を、最近はよく見かけるようになった。

別に、それ自体は宙に浮く必要なんて全くない。でも、あえて生み出された不安定さ、アンバランスさに、自然と目を奪われる。

…とか、かた〜い話は抜きにして、水中のクラゲを見ているような感覚で、ぼ〜っとどうぞ。

ただただ、眺めてください。

ゆらゆらと宙に浮かぶ電球「FLYTE」の中毒性ゆらゆらと宙に浮かぶ電球「FLYTE」の中毒性 こちらが宙に浮く電球、その名も「FLYTE」。おそらく、FLYとLIGHTを合わせたネーミングだろう。電球とボードの両方に搭載された磁石が反発することで点灯、浮遊しながら、暗闇をそっと照らしてくれる。ゆらゆらと宙に浮かぶ電球「FLYTE」の中毒性 印象的なのは、複数を同時に使用した場合。すべてが一定のスピードで回転するわけではなく、個体差があるよう。その統一感のないリズムすら、もはやポジティブに受け止められる。ゆらゆらと宙に浮かぶ電球「FLYTE」の中毒性 ただただ、ぼ〜っと見ていられる不思議な中毒性。ゆらゆらと宙に浮かぶ電球「FLYTE」の中毒性

ワンちゃんも興味津々。

ON/OFFは、ただ触れるだけ。

ゆらゆらと宙に浮かぶ電球「FLYTE」の中毒性 見てのとおり、木のボードへのタッチで、電源のON/OFFを切り替えられる。ちなみに、LEDを採用しているため、1日12時間で約11年間使用可能と高寿命だ。ゆらゆらと宙に浮かぶ電球「FLYTE」の中毒性

公式HPによると、国内の取り扱い店舗は、「MoMAデザインストア」と「二子玉川 蔦屋家電」。表示価格は349ドルなので、4万円前後で販売されているのではないだろうか。

正直、そこそこ高額な印象。だけど、これからの季節は部屋の中よりもベランダに置いて、夜風に吹かれながらチルなんて良さそう。Licensed material used with permission by FLYTE,(Facebook),(Twitter)

関連記事リンク(外部サイト)

時代に逆らう「白熱電球」に魅了される
「月」をそのまま照明にした、インテリアが美しい
【世界初】スマホ操作で、色が変わる「スマート電球」がワクワクする!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。