ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ロビン・ライト、映画『ワンダーウーマン』について「これは愛と正義の物語」と語る

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

公開を控えるコミック原作の大型映画『ワンダーウーマン』は、女性主人公を描く数少ないスーパーヒーロー物の1本になるかもしれないが、ロビン・ライトは、同作には「女性の権利向上を描く以上のものがある」と主張する。

本誌Varietyとケリング社が5月18日にカンヌ国際映画祭で開催したWomen in Motionトークにおいて、ライトはラミン・セトーデーに対し「これは愛と正義の物語です」と述べた。「本作の本質はそれです。子供たちに対する素晴らしいメッセージです」とも語った。

ライトは公開を控える実写映画『ワンダーウーマン』で、主人公の叔母であるアンティオペ将軍を演じる。プリンセス・ダイアナの象徴的なXポーズを取りながら、「すごく格好いい。クールですよ」と興奮気味に話した。

ライトは、本作が次の世代に与える重要性にも触れた。「私たちの未来を作る若い女の子や若い男の子が、映画館に押し寄せるでしょう」(ライト)。

DCコミックスが手掛けるこのスーパーヒーロー映画には、ワンダーウーマン役でガル・ガドットが、スティーヴ・トレヴァー役でクリス・パインが出演し、6月2日に米劇場公開を迎える。

映像は下記から。



カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。