体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

結界を駆使して戦う同人シューティングゲーム『雪晶石 -Malice Eater-』がフリー化 ほか ~今週のフリゲ・インディーゲームトピックス

本コーナーでは筆者や編集部がピックアップした、ここ1週間のフリーゲームやインディーゲームの話題を毎週土曜日にお届けします。今週の話題は同人シューティングゲームの無償化や、今週末に開催されるイベントに関するものなど7本です。
結界を駆使して戦う同人シューティングゲーム『雪晶石 -Malice Eater-』がフリー化
 
image5
 
image3
 
同人ゲームサークルProject Noiseが2015年にリリースしたシューティングゲーム『雪晶石 -Malice Eater-』の無償公開が13日に開始された。

『雪晶石 -Malice Eater-』は、敵弾にカスって溜めたエネルギーを攻撃や防御に転じて戦うシステムが特徴の縦スクロール弾幕シューティングゲーム。敵弾にカスることでゲージが溜まり、フルになることで結界を発動可能。結界の発動中は被弾を1回無効化できたり、特殊な攻撃を繰り出すことができる。結界の発動中にさらに敵弾にカスり続けることで、残機やボムを増やせるのもポイントだ。

酷寒の大地を舞台に妖や精霊が登場する世界観が、描き込まれたドットグラフィックやキャラクターイラスト、BGMなどで表現されているのも見どころ。ゲームの進め方によって展開が変わるマルチエンディングも特徴となっている。

なお、Project Noiseは本作のリリース後に役目を終えたとして解散しており、メインスタッフのうちMimaki SiON氏とkuu氏は同人サークル秋空シンセシスに所属。今回の無償公開も同サークルのWebサイトにて行われている。また、同じくメインスタッフの一人であるCaras Ohmi氏は個人サークル萬楽破天孔を立ち上げ、現在2Dワープアクションゲーム『ライジング・アーチ -雷火交わせし試練の塔-』を開発中(次項にて関連ニュースを掲載)。
萬楽破天孔、2Dワープアクションゲーム『ライジング・アーチ -雷火交わせし試練の塔-』Web体験版を更新

image6
 
image4
 
萬楽破天孔は17日、2Dワープアクションゲーム『ライジング・アーチ -雷火交わせし試練の塔-』の新体験版を公開した。Web上でプレイ可能となっている。

『ライジング・アーチ -雷火交わせし試練の塔-』は、ワープ能力や雷の弓を駆使してステージをクリアしていくサイドビューのアクションゲーム。操作はマウス(または画面タッチ)のみで行う形で、クリックした場所に瞬間移動しつつ、ドラッグで弓を引くという独特の操作感が特徴の作品となっている。今回のWeb体験版ではワールド1の10ステージとボス戦をプレイ可能。

なお同サークルは、20~21日に京都で開催されるインディーゲームのイベントBitSummitに出展し、体験版のダウンロードカードなどを頒布予定。


オートリ電子、横スクロールSLG『MagicScrollTactics』デモ動画を公開

1 2次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy