体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【珍味を味わえる店】説明不要! 珍しい味を求めてやまないあなたに知らせたい名店3店【まとめ】

f:id:Meshi2_IB:20161108012650j:plain

こんにちは。好き嫌いなくなんでもいただくメシ通編集部です。

ダチョウ? サメハツ? パイレンとコブリ?

なんだかわかんないけど、とりあえず持ってきてくださいよ!

きっとおいしくいただけますよ!

えっと、最初は四ツ谷でダチョウっすね?

もはや珍味にあらず! 東京・四ツ谷「オステリア クロチェッタ」で、 美味&ヘルシーな“イタリアン・ダチョウ料理”をいただいてみた

f:id:Meshi2_IB:20161108013756j:plain

東京・四ツ谷にあるイタリア料理店「オステリア クロチェッタ」はオープンテラスもある、開放感あふれる雰囲気のおしゃれなお店。

f:id:Meshi2_IB:20161108014315j:plain

こんなお店で、ダチョウ料理が食べられるというのです。

f:id:Meshi2_IB:20161108014357j:plain

素敵な雰囲気です。

それではさっそく、ダチョウ料理をいただいてみましょう!

f:id:Meshi2_IB:20161108014500j:plain

まず、ダチョウ肉を使った自信の一品が登場。

スベディーノ(ダチョウ肉の串焼き)、2,800円。旬の野菜を使うので季節によって変わることがあります(要予約)。

予想以上におしゃれでおいしそうな料理が出てきました!

見てのとおり、赤身がすごくきれいなお肉です。脂分は少なめなのでクセがなく、あっさりした風味で非常にヘルシー。それでいて、しっかりお肉をいただいている食感があります。

f:id:Meshi2_IB:20161108014821j:plain

このソーセージもダチョウのひき肉を詰めたもの。一般的な豚肉のソーセージと比べて、脂が気になりません。スモークの香りがしっかり残っていて、くせになるおいしさです。

f:id:Meshi2_IB:20161108015424j:plain

こちらは、ダチョウ肉のスジ肉のラグー(1,300円)。

「ラグー」というのは、いわゆるミートソースのこと。こちらは牛肉を使ったミートソースに比べて脂の強さや匂いがなく、それでいて濃厚な風味。ゼラチン質の食感で、平打ちのパスタにもしっかり絡み合います。

イタリアでダチョウが料理されるようになったのはここ20年ほど。しかし、

近年ではウサギや鹿のようないわゆるジビエ肉よりもダチョウの方がメジャーな位置づけになってきており、好む方が増えているのだとか。

珍味ではなく、普通においしい肉のひとつとして食べられているらしいダチョウ。

とりあえず、気軽に食べに行ってみましょうか。

www.hotpepper.jp

お次は、サメハツってサメの心臓!?

激ウマ珍味「サメハツ」を体験! 東京・恵比寿「はまらいん」

f:id:Meshi2_IB:20161108020716j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。