体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これは、史上もっとも効果的な「モーニングコール」だ。

これは、史上もっとも効果的な「モーニングコール」だ。

このサービスを見て、従来のモーニングコールの盲点に気づいてしまった。当たり前のことだが、家族や恋人という慣れ親しんだ関係の人からしか電話がかかってこないので、眠気に負けてしまうことが十分にあり得るのだ。

と、なると。

もっとも効果的なのは「知らない人」に起こしてもらうこと。緊張で眠れない夜があるくらいなら、なるほど逆に緊張させてしまえば目が覚める、とも言えるわけか。

でも、いったい誰に起こしてもらうのか?というより、誰がわざわざ知らない相手のために、朝早くに起きて電話をかけてくれるというのだろうか?

行き着いた答えは
「早朝から戦う漢たち」

これは、史上もっとも効果的な「モーニングコール」だ。

その「誰」は、海の上にいた──。

「FISHERMAN CALL」は、早朝から働く漁師たちからのモーニングコールサービス。朝活がブームになるはるか昔から早起きしてきた彼らが、「おいしい」だけでなく「おはよう」も届けてくれる。自身の生活をかけた“重要な戦い”のさなか、わざわざ自分のために電話をしてくれるなんて、身が引き締まって目が覚めること間違いなし。これは、史上もっとも効果的な「モーニングコール」だ。これは、史上もっとも効果的な「モーニングコール」だ。これは、史上もっとも効果的な「モーニングコール」だ。これは、史上もっとも効果的な「モーニングコール」だ。

まずは、起こしてもらいたい漁師を、5人の中から選ぼう。

HPでは「漁業を変える若きリーダー」や「世界を股にかけるお魚王子」など、キャッチフレーズとともに各漁師の紹介がなされている。顔写真はもちろん、1日のスケジュールもチェック可能。さらに、実際の声まで確認できる点が面白い。再生すると、みなさんが元気よく自己紹介をしてくれる後ろから、カモメの鳴き声や風の音が聞こえてきて、なんともリアルだ。

ところで漁師さん、
なぜこんなサービスを?

これは、史上もっとも効果的な「モーニングコール」だ。 実はこれ、朝に強い漁師が、未来の担い手である若者の早起きを手助けすることで、少しでも接点を持つことが狙い。「話したこともないのに漁師に憧れを抱けるはずがない」という考え方のもと生まれたサービスだという。これは、史上もっとも効果的な「モーニングコール」だ。
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy