ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

テキーラが骨阻粗鬆症の治療に効果的【メキシコ 研究】

  • ガジェット通信を≫

テキーラが骨阻粗鬆症の治療に効果的【メキシコ 研究】
アルコール度数の高いテキーラは場を盛り上げてくれるお酒です。

ショットドリンクとしてもカクテルドリンクとしても楽しめるテキーラが骨粗鬆症に効果的という、メキシコの最新研究が2017年5月8日に報告されました。

テキーラのどのような成分が骨粗鬆症に効果的なのか、医師に解説していただきました。

テキーラとは

テキーラが骨阻粗鬆症の治療に効果的【メキシコ 研究】

蒸留酒の一種

蒸留酒とは作物をアルコール発酵させた液を加熱してアルコール度数を上げるという作業を行って作る酒で、焼酎・ウォッカ・ラム酒・ブランデーなどがあります。

原料

テキーラの原料は竜舌蘭(アガベ)という乾燥地帯に生える植物で、茎に溜まった液は甘みがあり甘味料として使用され、血糖値が上がりにくいために健康食品にもなっています。

アルコール度数

テキーラのアルコール度数は40%程度と高めで、そのまま飲むほか、マルガリータなどのカクテルにも利用されます。

メキシコの最新研究

テキーラが骨阻粗鬆症の治療に効果的【メキシコ 研究】

研究内容

骨粗鬆症のあるネズミに、竜舌蘭から採取したフルクタンを8週間食べさせ、骨を調べました。

研究結果

新しい骨の形成を反映するタンパク質が50%増加し、骨の直径が増加していることが分かりました。

フルクタンは腸内で腸内細菌の働きにより脂肪酸に変化し、カルシウムやマグネシウムといったミネラルをとらえて細胞に運び込み、骨の再生を促すとのことです。

考察

骨粗鬆症は世界中に2億人の患者がいるとされており、今回の研究から骨粗鬆症の新しい治療につながることが期待されています。

(参照:The Sun)

フルクタンとは

テキーラが骨阻粗鬆症の治療に効果的【メキシコ 研究】
フルクトースという糖の一種が多数つながってできた多糖類で、水溶性の食物繊維の一種です。

フルクタンを含む食べ物

・らっきょ

・にんにく

・玉ねぎ

・ごぼう

・アスパラガス

・菊芋 

フルクトースは果糖とも言い、果物に多く含まれることからフルーツを語源にしています。フルクタンは体内で消化されにくく、ビフィズス菌などの腸内細菌のエサとなり、腸内環境を整えたり、血糖値の上昇をおだやかにする作用があるとされています。

(参照:日本サプリメント評議会)

健康効果が認められている植物の種類とその効果

テキーラが骨阻粗鬆症の治療に効果的【メキシコ 研究】
漢方薬の多くは植物ですし、どんな野菜・果実・木の実・きのこ・海藻にも、探せば健康に役に立つ成分が含まれています。漢方薬のように植物そのものを乾燥させて薬として使うこともあります。

竜舌蘭のように、少し珍しい植物をいくつか見てみましょう。

ナツメヤシ

テキーラが骨阻粗鬆症の治療に効果的【メキシコ 研究】
中東や北アフリカの砂漠地帯に生えています。デーツとも呼びます。炭水化物、タンパク質、脂質、カルシウム、リン、ビタミンが多く、日本でも乾燥果実が手に入ります。干し柿のような味です。

「ナツメ」とは異なります。ナツメは日本にも生えており、実を干したものは滋養強壮・鎮痛・利尿効果があり漢方薬の原料にもなります。鉄分やカルシウムが豊富です。

マカ

テキーラが骨阻粗鬆症の治療に効果的【メキシコ 研究】
南米ペルーの標高が高い地域に生えている草で、根にはアミノ酸やミネラルが豊富で、滋養強壮作用があるとされ、男性女性ともに生殖能力強化に効果があるとされています。天然のバイアグラと呼ばれることもあります。

メシマコブ

テキーラが骨阻粗鬆症の治療に効果的【メキシコ 研究】
九州、中国、フィリピンなどに生えているキノコの一種です。長崎県の女島(めしま)に生える、こぶのような形のキノコということでこの名がつけられました。中国では古くから漢方薬の原料として用いられ、がんの増殖を抑える効果があるとして注目されています。

最後に医師から一言

テキーラが骨阻粗鬆症の治療に効果的【メキシコ 研究】
植物やそれを使って作られた食品には、まだまだ知られていないパワーが秘められていると考えられます。古くからの人々の知恵が結集された食品についての研究が今後も進むことを期待します。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

お酒を飲むと赤くなる人は骨折しやすい?予防にはビタミンEが効果的【最新研究】
花粉症には納豆が効果的!? 医師がオススメする花粉症に有効な食べ物
ダイエット中は蒸留酒がおススメ! 太らないお酒の飲み方

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。