ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

大ヒット商品、ベビーベッドになるキッズ用スーツケース。人気のヒミツは、旅行中みんながハッピーになるからだった!~ポンパレモール掘り出しモノ商店 Select.5~

  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:ponparemall:20170516144520j:plain

ポンパレモールで売っている隠れた人気商品や、これどうやって使うの?誰が買うの?なんて品を探してその魅力をお届けする「掘り出しモノ商店」。ポンパレモールで出会った掘り出しモノが、あなたの生活を潤す意外な愛用品になるかも!?

今回の掘り出しモノは、ポンパレモール「チェリーベル」(株式会社スマートトレーディング)が日本正規輸入元となっている、ノルウェー発のキッズ用スーツケース「BedBox(R)」。昨年12月の日本発売から常に入荷待ち状態が続き、空前の大ヒット商品になっているワケを知るため、福岡まで足を運び探ってきた結果、掘り出しPOINTはこちらの5点!

【掘り出しPOINTまとめ】

・わずか2分で、機内のベビーベッドに変身!

・他にも、旅行中子供を飽きさせない使い方が3つもあった!

・ベビーベッド卒業後も、オットマンとして7歳まで使える

・設計したのは、元パイロット&航空機技師のパパとママ

・「パパ・ママが抱える旅の不安を解消したい」という想いがつまっている

わずか2分で、スーツケースが機内のベビーベッドに!

まずは、ベーシックなスーツケースの状態から見ていただきましょう!

購入すると、下の写真のようなかたちでご自宅に届きます。

さぁ、ここからどうベビーベッドに変身していくのか、とくとご覧あれ!

f:id:ponparemall:20170516112325j:plain f:id:ponparemall:20170516112406j:plain

まずは、フタの両脇についている赤いボタンを押しながら、上に引き上げます。

そうすると、フタがパカっと外れます。

f:id:ponparemall:20170516112511j:plain

中に入っているマットレスを取り出したら…

f:id:ponparemall:20170516112548j:plain

フタを裏返して戻します。

中におもちゃなどを収納していても、物は入れたママで大丈夫!

f:id:ponparemall:20170516112632j:plain

じゃ~ん!突然ですが、ここで椅子の登場!(頑張って、機内を再現しています)

椅子の高さに合わせて、ベッドボックスの高さを調節していきます。

高さは5段階から選べますよ。

f:id:ponparemall:20170516112723j:plain

赤いベロを引っ張って台をスライドさせれば、椅子との接続は完了!

これで土台のできあがり。

次に、ベッドの上にマットレスを敷いていきます。

f:id:ponparemall:20170516112803j:plain

はじめはこんな風に丸まっていますが、

真ん中のマジックテープをベリベリっと剥がすと…

f:id:ponparemall:20170516112916j:plain

縦長のマットレスがお目見え!

真ん中にある2本の棒が、ベッドの枠になるパーツです。

f:id:ponparemall:20170516112955j:plain

ベッドの枠を、それぞれ左右に設置します。

マジックテープでペタっとくっつけるだけなので、カンタン♪

f:id:ponparemall:20170516113725j:plain

そして、椅子の上にのせれば…完成!!!

え?赤ちゃんがいないとイメージがわかないって!?

f:id:ponparemall:20170516113139j:plain

…いうことで、急きょ赤ちゃんに寝てもらいました!

こんな風に、身長110cmくらいまでの子供がフラットな状態で眠れる

環境が一瞬で整います。

これなら、泣いていた赤ちゃんもぐっすり。

難しい工程は何一つなく、不器用な私でも簡単に組み立てられました!

たったの2分ほどです。こんなに簡単で赤ちゃんも快適に眠れるなんて、

なんと有難い商品!

旅行中、子供を飽きさせない3つの使い方

スーツケースがベビーベッドになるという驚きの事実をお伝えしましたが

「BedBox(R)」が売れている理由は、それだけじゃないんです。

他にも、旅行中子供を楽しませてくれる使い方が3つもありました!

1.子供の手元に、大好きなおもちゃをたっぷり置いておける

f:id:ponparemall:20170516113219j:plain

長時間移動の時、おもちゃはマストアイテム!

ただ、うっかりママやパパのスーツケースの中に入れてしまうと

取り出せなくなってしまいますよね。そこで大活躍なのがこちら。

ベッドの土台として常に足元に置いておくものなので、

おもちゃやヘッドフォンなど機内で使う子供用グッズを

「BedBox(R)」にまとめて入れておけば、すぐに取り出せちゃいます。

ちなみに、容量は20リットルとのこと。具体的に、どのくらい荷物が入るかというと…

・ぬいぐるみ1個

・スタイ4枚

・哺乳瓶1本

・絵本2冊

・マットレス

が収納できました~!思ったよりたっぷり入るので、おもちゃを厳選しすぎず

いくつか持っていけますね。

2.疲れて座りたくなった時、椅子代わりになってくれる!

f:id:ponparemall:20170516113313j:plain

たとえば入国審査の待ち時間など、立っている時間が長くて

「座りたい~!」とごねられた時も、「BedBox(R)」があれば大丈夫!

フタがちょっぴりくぼんだつくりになっているから、

安心して、椅子として使えるのです。

これで、不機嫌だった子もニコニコに♪

モデルは、「チェリーベル」のオーナー児玉さんのお子さん・美彩貴(みさき)ちゃん7歳。

3.移動が楽しくなる、乗り物に早変わり!

f:id:ponparemall:20170516113351j:plain

座れるだけじゃありません。タイヤが付いているので、上に乗って

足でこげば乗り物のようにスイスイ進んでくれます。

いつもはすぐに「抱っこして~!」と言っていた別のスタッフのお子さんも

「BedBox(R)」を持って行った日は抱っこをせがむことなく、

機嫌よく移動してくれたそうです。

むしろ楽しそう!パパ・ママも嬉しいですよね。

f:id:ponparemall:20170516113428j:plain

さらに!ロングストラップ付だから、ママやパパに引っ張ってもらうこともできちゃいます。

この日は姉の彩花(さやか)ちゃんが移動のお手伝いをしてくれました。

美彩貴ちゃんは、自分で移動するより引っ張ってもらう方が好きなのだそう。

私も実際に引っ張ってみましたが、力を入れなくてもスイスイ進む軽さに驚き!

このラクさも高ポイントですね。

ベビーベッド卒業後も、オットマンとして7歳まで使える

ベビーベッドになるのは魅力的だけど、すぐに使えなくなっちゃうから…と購入を踏みとどまる人も多いかもしれません。

しかし、こちらはベビーベッドを卒業した後も、機内でオットマン(足置き台)として活躍してくれるスグレものなのです。

7歳まで使えるので、赤ちゃんの時に購入すればトータル7年間も旅をサポートしてくれます。

これも人気のヒミツかもしれません。

f:id:ponparemall:20170516113457j:plain

モデルは引き続き、7歳の美彩貴ちゃん。

ご覧ください、この満足げな表情。

足を伸ばして座れることが、どんなに快適なのかがうかがえます。

ちなみに、体重30kgくらいまでの重さに耐えられるつくりになっているそうなので、

安心して7歳まで使えますね。

元パイロット&航空機技師で、旅行が趣味のパパ・ママが考案!

それにしても、こんな画期的な商品、一体どうやって生まれたのでしょう?

児玉さんに教えていただきました!

f:id:ponparemall:20170516113541j:plain

「BedBox(R)」は元航空技師でありパイロットで、2人のお子さんを持つChristina & Halvor Holmgren 夫婦が考案し、ノルウェーのデザイン会社とタッグを組んで6年かけて作られた商品なのだそう。

「ご夫婦は趣味の旅行中、疲れている娘さんを機内で寝かせるのが大変で困っていたそうです。どうにか寝てくれても、体の半分はパパかママどちらかの上に横たわっている状態だったので、娘さんが寝ている間は自分たちも数時間動くことができません。そんなことが何度か続き、どうにかしたいと思い他の家族に悩みを話してみたところ、ほとんどの親御さんたちが同じ悩みを持っていることが分かったのだそうです。皆さんそれぞれ解決策を持っていましたが、中でも、スーツケースを機内に持ち込み、枕やブランケットを上にかけて寝かせるというアイディアが気に入り、Christina夫妻は機内用のベッドを作ることを決めたのだと聞いています」(オーナー・児玉さん)

なるほど!ご夫妻が業界や航空規制について詳しかったというだけでなく、むしろ2人のお子さんを持つ親御さんの目線を持っていたからこそ生まれた商品だったんですね。

なぜこんなにもパパ・ママのお悩みに寄り添った商品ができたのか、よくわかりました。納得!

パパ・ママの旅の不安を解消できる商品だと確信し、取り扱いをスタート

f:id:ponparemall:20170516113614j:plain

「BedBox(R)との出会いは、知り合いのお父さんが、こんないい商品があるよ!と教えてくれたことです。Youtubeで使用シーンの動画を見てすごく気に入りました。自分たちも子供がいるので、旅行の時にこれがあったらいいなぁと素直に思ったんです」(オーナー・児玉さん)

「乗れたり座れたりする子供用トランクは知っていたのですが、ベッドになるモノはそれまで見たことがありませんでした。ハワイに行った時、8時間飛行機の中で過ごしたのですが、機内でぐずられると、何より他の人のことを気にしてしまうんですよね。もうドキドキなんです。塗り絵や絵本、おもちゃを持っていったりするんですけど、ちょっとしか持たないんですよ。何時間かでもぐっすり寝てもらえるだけで、すごく助かるんです。だから、これがあったらみんな便利だろうなぁと思いましたね」(オーナーの奥様・優依さん)

そんな風に思っていた矢先、ドイツの展示会に行ったとき偶然「BedBox(R)」が出展しており、開発者のChristina & Halvor Holmgren ご夫婦と運命の出会いを果たしたのだそうです。

「まさか出展しているとは思わなかったので、驚きました。開発者のChristina & Halvor Holmgren ご夫婦と直接お話をして、やっぱりいいなぁと実感しすぐに仕入れたいと申し出ました。そして、日本で販売することになったんです!子供が気持ちよく眠れてゴキゲンなら、親御さんは安心して旅行が楽しめるし、周りの人にも迷惑がかからない。マイナスの状況をぐーんとプラスに変えてくれ、みんなをハッピーにしてくれるのがこの商品の魅力だと思います」(オーナー・児玉さん)

お話をうかがって、分かりました。「BedBox(R)」が常に入荷待ち状態になっているのは、開発者のChristina & Halvor Holmgren 夫婦と、チェリーベル・オーナーの児玉さん夫妻の想いが一つになって多くのパパ・ママたちの心に届いているからなのだと。それにしても、子供用のスーツケースがこんなにもファミリーの旅を快適にしてくれるとは!正直驚きました。

まだまだ予約待ちの状態だそうなので、今後旅行を計画している方は早めに予約しておくとよさそうです。きっと最高の旅の相棒になってくれるはず!

(今回紹介した商品)

「BedBox(R)」 21,600円(税込)

在庫をチェックする⇒

(取材協力)

f:id:ponparemall:20170516113659j:plain

チェリーベル(株式会社スマートトレーディング)

子どもを持つ親の目線で、世界中の魅力的なベビー・マタニティ用品をセレクトし、販売。

「BedBox(R)」をはじめ、一部の取り扱い商品については日本正規輸入元として卸売も行っている。

取材・文/熊谷麻衣子(京田クリエーション)

撮影/平川雄一朗

関連記事リンク(外部サイト)

「かせくり器」は、1~2分で毛糸玉が作れる昭和レトロな名品だった!~ポンパレモール掘り出しモノ商店 Select.4~
ボタニカル、マーブル、デイジー… 保存版:覚えておきたい柄もの講座【ドット・植物・民族柄編】
仕上がりが断然美しくなる! メイク道具のお手入れ法をマスターしよう♪

カテゴリー : エンタメ タグ :
ポンパレモール、やってます。の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。