体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

話題のスープダイエット、本当に痩せる? 30代記者が実体験(終) 72.1kgから何kg痩せたのか!?

話題のスープダイエット、本当に痩せる? 30代記者が実体験(終) 72.1kgから何kg痩せたのか!?

写真入りの記事はこちら

かつて誰かが言った。ダイエットは「やる」か「やらないか」だと。自分に課したルールをしっかりこなせば痩せるし、こなさなければ痩せない。ダイエットを成功させるには、実行あるのみだ。

3月中旬にニューヨークを旅し、歩きまくって2キロ痩せて帰ってきたもの、その後の油まみれの堕落した食生活から3キロリバウンドし、自身過去最高の72.1kgをマークした新刊JP編集部・カナイ(男性・33歳、独身、一人暮らし)。

最近の彼に自炊の「自」の文字はなく、1週間にラーメンは4食、他に蕎麦やコンビニ弁当、ファミリーレストランのテイクアウトを駆使し、深夜1時のドカ食いによって順調に「私腹を肥やして」いったわけだ。

これが我らのリーダーだと思うと情けなくなる。

以前から彼をダイエットさせるという話はあったが、なかなか話は進まずにいた。そんな中で、新刊JPの健康オタクにしてダイエット情報オタクの私、割井洋太が、本屋で見つけた一冊の本『最強ボーンブロス食事術』(集英社刊)を差し出してみた。

割井「先月ニューヨーク行ったばかりのカナイさんにこれあげます」

カナイ「なにこれ。ボーンブロス?」

こいつは本当にニューヨークに行って来たのだろうか? というのも、この本はニューヨークでベストセラーの一冊であり、アメリカの医師であるケリアン・ペトルッチ氏が執筆した**“Dr. Kellyann’s Bone Broth Diet”**の翻訳本なのだ。

近年、ニューヨークで「ボーンブロス」という鶏や魚の骨を煮込んだスープを中心に据えて食生活の改善を実践するダイエットが流行しており、ボーンブロス専門のスープスタンドもあるという。

この本で推奨されるダイエットルールは多岐にわたるが、簡潔にまとめると、ボーンブロス+糖質制限+断食という組み合わせだ。今回は本書に則り、以下のようなルールを定めた。

・期間は4月27日~5月17日の3週間

・ボーンブロスを日々飲む食生活に変える

・食べてもOKの食品を食べる。野菜、たんぱく質、脂質、果物が中心となる

・炭水化物は抜く

・アルコールを摂取してはいけない

・1週間に2日はプチ断食をして、その日はボーンブロスのみで過ごす

そして、体重測定の結果は次のようなものに。

身長:171.5cm

体重:72.1kg

二の腕:26cm

バスト:92.5cm

ウエスト:92.5cm

ヒップ:99cm

太もも:50cm

BMI値:24.5

体重は想像できたが、ウエスト、ヒップの太さはなんともメタボである。写真を見ても、小太りメタボの哀愁が寒々しい。この数字から目標をBMIが22となる「64.7kg」に設定し、3週間の彼の怒涛の日々がはじまった。

なお、彼自身のレポートは「ボーンブロス・ダイエットに挑戦」にまとめられているので是非それを読んでほしい。

なお、このダイエットにおいて、著者はなるべく体重計に乗らないようにしてほしいとつづっており、私たちもそれに賛同。5月8日の中間測定日以外に体重計を使わないようにした。そして中間測定の結果がこちら。

身長:171.5cm

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会