体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

繊細な江戸切子を再現!スチームクリームデザイン缶が美しい

植物由来の天然成分とエッセンシャルオイルを配合し、スチーム(蒸気)のチカラでふわっとつくり上げた全身用保湿クリームとして定評のある「スチームクリーム」から、江戸切子の店「華硝」とコラボレーションしたデザイン缶が発売される。

スチームクリームはブランド誕生10周年を迎え、デザインにおけるアートの可能性をさらに追及し、新旧、洋の東西を問わず、さまざまなアーティストや企業とのコラボレーション企画・製品開発を展開している。

今回は、日本が誇る伝統工芸品“江戸切子”の店「華硝」とコラボレーションし、職人が磨き上げた繊細なガラス細工を缶いっぱいにデザインした。グラスに残る最後の一滴を飲み干し、口元から離した際に目に映る、藍色と光のコントラストが創り出した“瞳の中の小さな世界”をイメージしているという。

バリエーションは「HANA ZAKARI ~華盛~」、

「TAMA ICHIMATSU ~玉市松~」、

「ITOKIKU TSUNAGI ~糸菊つなぎ~」の3種類。

5月24日(水)からスチームクリーム公式オンラインストア、スチームクリーム常設店舗、全国有名百貨店などの期間限定催事などで販売される。価格は各1620円(税込)。

「温故知新」の想いが込められたデザインパッケージで、国内で最高級のカットが施されたガラス細工の魅力を、スチームクリームを通して楽しんで!

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。