体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

施主も一緒に。新しい住まいのつくり方[2] “即興ライブ”のような家づくり

施主も一緒に。新しい住まいのつくり方[2] “即興ライブ”のような家づくり

2012年の年末から始まった日野の家のプロジェクト、翌2013年2月に本格的に工事を開始した1カ月後、工期は折り返し地点、まだまだこれからというときに、引越しをしてしまったお施主さん。「つくりかけの家に住んでいる!? という状態」だからこそできた家の姿とは。【連載】施主も一緒に。新しい住まいのつくり方

普通、家づくりというのはハウスメーカーや工務店、リフォーム会社などのプロに施工をお任せするのが一般的です。ですが、自分で、自分の家づくりに参加してみたい人もいます。そんな人たちをサポートするのがHandiHouse。合言葉は「妄想から打ち上げまで」。デザインから工事までのすべてを自分たちの「手」で行う建築家集団です。坂田裕貴(cacco design studio)、中田裕一(中田製作所)、加藤渓一(studio PEACE sign)、荒木伸哉(サウノル製作所)、山崎大輔(DAY’S)の5人のメンバーとお施主さんがチームとなって、デザインや工事のすべての工程に参加するスタイルの家づくりを展開する。そんな「HandiHouse project」が手掛けた事例を通して、「自分の家を自分でつくること」によって、「住まい」という場所での暮らしがどういうものになるのかを紹介します。

「この家族と一緒に家づくりをしたい」

日野の家の計画は普段のHandiHouse projectとは違ったかたちで始まりました。普段、設計から施工まで一貫して請け負う形態でのみ依頼を受けているのですが、このときは交流のあるリノベーションデザイン会社「フィールドガレージ」の原さんから「ハンディと合いそうなお客さんがいるから、一緒にやらない?」と声をかけていただいたことがきっかけだったのです。

「施工のみは行いません」と断ることも考えたのですが、原さんは信頼できる方だしひとまず乗ってみよう、ということで現場調査にいくことになりました。その際に、改装予定の新居の鍵を借りに以前のお宅に伺ったのが、初めて施主家族と僕らが顔を合わせた日だったと思います。以前のお宅の玄関で夫のタカさんから鍵を受け取ったのですが、タカさんの雰囲気や、玄関先でも感じることができる住まいの匂いみたいなものから、メンバー皆直感的に「この家族と家づくりしたいね」と話したのを覚えています。それが、タカさん、あーちゃん、げん、はる、とも。この5人家族との家づくりのスタートでした。【画像1】解体作業で全員集合!(画像提供/HandiHouse project)

【画像1】解体作業で全員集合!(画像提供/HandiHouse project)

家の完成前に引越し?!

設計はフィールドガレージ、施工がHandiHouse projectという体制でのスタートだったので、フィールドガレージの原さんのデザインを元に計画を進めていきました。床は無垢のパイン材にオイル仕上げ、壁はOSB合板に塗装、天井は既存を解体して塗装、コンクリートブロックのカウンターキッチンの上には亜鉛めっきの丸いレンジフード。シンプルだけれど素材感があるデザイン「さすが原さん」と言った感じです。

それを元に僕らは2013年2月からおよそ2カ月間の工事計画を出したのですが、その工程表には普通ではありえない項目がありました。

「お引越し」

工程表のちょうど真ん中。つまり工事期間中に引越しをしましょう、という計画です。一般的には家が完成してから引越しをするものですが、最終的にはこれがこの家づくりの行く末を決定づける大きなポイントとなりました。【画像2】工程表(画像提供/HandiHouse project)

【画像2】工程表(画像提供/HandiHouse project)

家づくりと日々の生活が同時進行

1 2 3 4次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会