ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

まさにプリズムのよう。bonobosが京都・磔磔で現在進行形から深化するバンドサウンドを奏でる

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
まさにプリズムのよう。bonobosが京都・磔磔で現在進行形から深化するバンドサウンドを奏でる

 5月6日、京都・磔磔にてbonobos、アナ、Special Favorite Musicが出演する【LIVE!SECOND ROYAL】が開催された。

【LIVE!SECOND ROYAL】写真(全6枚)

 この日、トリで出演したbonobos。築100年を迎えた蔵という、京都ならではの趣のある空間の中、サウンドチェックに耳を傾けながら、ライブのスタートを待つ。bonobosには、初夏の宵がよく似合う。ざわつく景色の向こう側に潜む、始まりの予感。そんな想いを巡らせているうちに、客電が落ち、会場から拍手が沸き起こる。

 「こんばんは、bonobosです。」というボーカル蔡の一言を経て、始まったのは「東京気象組曲」。情感豊かな言葉に彩られた、煌く音の粒子が一気に会場を染め上げていく。続くは「Hello innocence」、そして「THANK YOU FOR THE MUSIC」。心地よいバックビートとグルーヴィなサウンドが会場を揺らす。意味づけなど必要なく、bonobosの音楽がこの場所で鳴り響いている…。このそれだけで満たされる幸福な気持ちを何と呼ぼうか。MCによると磔磔でのライブは「オリハルコン日和(2009年発表)」の頃以来という彼ら。そんなブランクを感じさせることのない、和やかなMCに会場から笑い声がこぼれる。「三月のプリズム」、さらに「あなたは太陽」とステージは進んでいく。緩やかに滑り出し、やがて熱を帯びて高揚していく音の波。優しくも強い存在感を放つ蔡忠浩の歌声に、時に重なり、時に交じり合うしなやかなバンドサウンドは、まさにプリズムのようだ。どの角度からも眩い光を放ち、見る人の心の中に、その瞬間にしか映しえない独自の音像を刻みこむ。そんな圧倒的な演奏の後、「あータオル忘れた」と始まるユルいMCに、会場が再び笑いに包まれる。

 ラストは「Cruisin’ Cruisin’」、「23区」でクライマックスを迎えるステージ。繰り返される言葉、フレーズは、一音ごとにうねりを生み、緩やかな波からやがて大きな渦へと発展、一気に会場を飲み込んでいった。ファンク、ビート、ダブ、ソウル、フォーク、ロック…そんな言葉だけでは表しきれない、bonobosだけにしか生み出せない「音楽」がそこにあった。この日の選曲は、昨年リリースされた最新アルバム「23区」を機軸としたセットリスト。現在の5人体制となって作り上げた「今」の彼らと、15周年を経て、現在進行形でさらに深化する「bonobos」の世界観が伺える充実のステージだった。

 アンコールの「GOLD」の後、「また会おう」と笑顔で舞台を降りるメンバーたち。
現在は新曲制作も行っているとのことで、今後のライブではそんな新曲を聞かせてくれる機会もあるだろう。6月には初のビルボード公演に挑むbonobos。都会の大人が集う空間で、どんな表情を見せてくれるのか?充足感と更なる期待に満ち溢れた、京都でのライブだった。

Text by Y.Sugimoto
Photo by Yuico Taiya

◎公演情報
【LIVE!SECOND ROYAL】<終了>
2017年5月6日(土)京都磔磔
出演:bonobos/アナ/Special Favorite Music

◎今後の公演情報
【bonobos】
ビルボードライブ東京
2017年6月7日(水)
1st 開場17:30/開演19:00
2nd 開場20:45/開演21:30

ビルボードライブ大阪
2017年6月9日(金)
1st 開場17:30/開演18:30
2nd 開場20:30/開演21:30

詳細:http://www.billboard-live.com/

関連記事リンク(外部サイト)

bonobos インタビュー
bonobos、6月に東阪ビルボード・ツアーが決定
Nulbarich、FM802 公開生放送に登場!

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。