ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

“銀河系最強のファンク・バンド”ザ・ニュー・マスターサウンズが、ビルボードライブ大阪に登場

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
“銀河系最強のファンク・バンド”ザ・ニュー・マスターサウンズが、ビルボードライブ大阪に登場

 “銀河系最強のファンク・バンド”の異名でおなじみのザ・ニュー・マスターサウンズが、5月18日にビルボードライブ大阪にて来日公演を行った。

ザ・ニュー・マスターサウンズ 来日公演写真(全6枚)

 2016年のフジロック以来の来日となる彼ら。ステージには大きな木製のオルガンに木製の椅子がセットされており、どのようなステージが繰り広げられるのか観客が期待を高めるなか、メンバーが現れた。

 比較的ラフなスタイルのメンバーのなか、エディー・ロバーツ(Gt.)はセットアップで登場。ピシっとした姿は、立っているだけでカッコいい。それぞれが定位置に着くと、サイモン(Dr.)がはにかみながら「Good evening。。。」とMCをすると、ジョー(Key.)の大きな木製のオルガンが囁く様に鳴り始め、2008年のアルバム『ケブ・ダージ・プリゼンツ』の「MIRACLES」からスタートした。初っ端から疾走感ある気持ちいいグルーヴに会場が包まれ、思わずニンマリしてしまう。徐々にグルーヴが上がっていき、一昨年リリースされた『Made For Pleasure』から「Cigar Time」など骨太なオーセンティック・ファンクを披露するとオーディエンスは自然と身体を揺らし始め、曲間にはあちこちから感嘆の声があがり、次第に会場もバンドもヒートアップしていった。ショーは彼らの代表曲中心に新旧織り交ぜたセットリストで進んでいく。

 オーディエンスは気がつけば、言わずと知れた“銀河系最高のファンク・バンド”のグルーヴの波に飲み込まれ、時間をも感じさせない緩急つけたライブに酔いしれ、皆一同に満足そうな表情を浮かべてビルボードライブ大阪を後にしていった。

 大阪公演を大成功におさめた彼らは、ステージをビルボードライブ東京、【GREENROOM FESTIVAL’17】へと移し、濃厚なステージを繰り広げる。彼らの円熟味すら感じる極上の演奏で、ファンクの真髄をこれでもかと見せつけられるドキドキと興奮の一夜は、ファンク好きならずとも是非体験するべきだ。

Photo:Kenju Uyama

◎公演情報
【ザ・ニュー・マスターサウンズ】
2017/5/18(木) ※終了
ビルボードライブ大阪
1stステージ開場17:30 開演18:30
2ndステージ開場20:30 開演21:30

2017/5/19(金)
ビルボードライブ東京
1stステージ開場17:30 開演19:00
2ndステージ開場20:45 開演21:30

詳細:http://www.billboard-live.com/

【GREENROOM FESTIVAL’17】
2017年5月20日(土)~5月21日(日)
横浜・赤レンガ地区野外特設会場
開場11:00/開演12:00/終演21:00

詳細:http://greenroom.jp

関連記事リンク(外部サイト)

【GREENROOM FESTIVAL’17】第1弾に奥田民生、ザ・ニュー・マスターサウンズ、ceroら
『5月19日はなんの日?』サム・スミスの誕生日、いよいよ新作発表にむけ再始動か
史上最高の音楽映画『アマデウス』がオーケストラの生演奏で蘇る

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。