ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

食×芸術の競演!「北アルプス国際芸術祭」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

食×芸術の競演!「北アルプス国際芸術祭」
J-WAVEの番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)。5月18日(木)のオンエアでは、アートディレクターの北川フラムさんが登場しました!

「瀬戸内国際芸術祭」「大地の芸術祭」など、数々の芸術祭を仕掛けてきた北川さんですが、6月4日から開催される「北アルプス国際芸術祭2017〜信濃大町 食とアートの廻廊〜」では、総合ディレクターを務めています。

舞台となる長野県のエリアは水が豊かで、木々も西と東のものが混じった、不思議な場所なのだそうです。空も高く、このような恵まれた土地の環境を食とアートを通じて感じてもらいたい、という思いで開催されます。

「食は、そこに住む人たちの一番基本的なものですので、その土地の特徴がよく表れるんです。この地域は海がないので、いろいろと工夫してきました。昔、『塩の道』って言って、塩が行き帰りする町だったので、発酵食品に関しても相当いろいろな工夫をされているわけですね。そういった料理の工夫を、いろいろな形で食べていただければ面白いかなと。そういうふうに、アートと食をテーマにしたいと思いました」(北川さん)

畑仕事のときにお昼に食べるごはんなど、その土地ならではのさまざまな“食”が堪能できるそう。また、地元の方も多く参加しており、さまざまなアート作品も楽しめます。例えば、山の中の民家にテープを貼ることで、ある一点から見ると遠近法で集落が一つの幾何学的な形態に見える作品。ちなみにこの民家には人が住んでいる(!)そうです。そのほか、エネルギー博物館の壁に、地元で採れたさまざまな色の土で描かれたアートなど、見応えたっぷりです。

「北アルプス国際芸術祭2017」は、6月4日から7月30日まで。ぜひ、足を運んでアートと食の競演を楽しんでください!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。