体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

国立新美術館で開催中!「ミュシャ展」を楽しむ5つの方法

国立新美術館で開催中!「ミュシャ展」を楽しむ5つの方法
現在、東京・六本木の「国立新美術館」で開催中の「ミュシャ展」。今回の展示では、アールヌーボーの巨匠と言われるアルフォンス・ミュシャの晩年の大作である「スラブ叙事詩」が全て展示をされているということでも話題になっています。この作品がチェコ以外の国に持ち出されるのは初とのこと。

今回は、この「ミュシャ展」を楽しむ方法を、オススメのカフェと一緒に紹介したいと思います。

チケットに並ばない方法はオンライン購入

国立新美術館で開催中!「ミュシャ展」を楽しむ5つの方法
3月より開催されている「ミュシャ展」ですが、2か月経った今も毎日が混雑をしています。開館直後の10時なら空いているだろう・・・と思いきや、到着してみると券を買うのにも行列です。

しかも、現在(5月15日)は同じ国立新美術館で草間彌生氏の展示も始まったため、券売所はさらに混雑を見せています。長い時は1時間待ちなんてことも。

そんな時間はもったいない! という方は、国立新美術館のオンラインチケットをオススメします。オンラインで買っておけば、長い列に並ぶ必要はありませんよ。ぜひご活用ください。

「ミュシャ展」オンラインチケットサイト
http://www.e-tix.jp/mucha2017/

写真撮影可能ゾーンで「スラブ叙事詩」を堪能

国立新美術館で開催中!「ミュシャ展」を楽しむ5つの方法
今回の「ミュシャ展」では前述した通り、ミュシャの晩年の大作である「スラブ叙事詩」が全20作品が観れるということが一番注目したいところ。「スラブ叙事詩」はとても大きな作品になっており、最大で縦6メートル、横8メートルにもなります。入った瞬間から、作品の迫力に驚くことでしょう。

そして、今回の展示では、一部撮影可能エリアが設けてあり、この場所でのみミュシャの作品を撮影が可能となっているんです。

国立新美術館で開催中!「ミュシャ展」を楽しむ5つの方法
国立新美術館で開催中!「ミュシャ展」を楽しむ5つの方法
国立新美術館で開催中!「ミュシャ展」を楽しむ5つの方法
写真を見ていただくとわかると思いますが、「スラブ叙事詩」は人の身長の倍はある、本当に大きい作品なのです。誰もが夢中でシャッターを切り、そして作品に見入っていました。

国立新美術館で開催中!「ミュシャ展」を楽しむ5つの方法

入場列が長かったらカフェ「サロン・ド・テ ロンド」へ

国立新美術館で開催中!「ミュシャ展」を楽しむ5つの方法
列に並ぶのは券売所だけではありません。展示会場に入る時も、混雑していると並ばなくてはなりません。そんな時にオススメなのが、館内にあるレストランやカフェです。

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会