体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

介護施設で参加者の心をグッと掴む季節の歌

生活・趣味
【アイキャッチ】介護施設で喜ばれる季節の歌

高齢者や 認知症が進んだ方にも楽しんでいただける音楽会、「音楽の花束」を主催しておりますGOTOです。信頼関係を築き、コミュニケーションを深めるために、音楽はとても有効です。今回は、4月に私たちが音楽を通じて深めたコミュニケーションをどのようにデイサービスの自立支援に役立てたかについてお伝えします。

「春」や「花」の季節を連想する曲を選ぶ

例えば4月のある土曜日には、こんな曲をセレクトしました。
荒城の月

東京の花売り娘
春一番
花は咲く
白い花の咲くころ
また逢う日まで

この日は歌がお好きなS様が、来所後すぐから繰り返し「荒城の月」のメロディーを口ずさんでおられました。そこで「最初の曲は今朝のS様の鼻歌からスタートしましょう」と、「春」や「花」から連想される曲を選びました。歌のプログラムはその日の皆さまの状態に合わせて、ひとつひとつ選んでいきます。

【関連記事】
チイチイパッパは嫌!というお年寄りにも喜んでもらえる音楽とは
認知症介護現場で音楽が重宝されるのはなぜ?

歌の花束の演奏シーえる音楽とはン

「荒城の月」や滝廉太郎の「花」は、わざと歌詞を提示せずに歌いました。歌詞が出てこないなと思われるところは先読みをしますが、大丈夫そうでしたらゆっくり歌いながらご一緒に、探り探り歌います。そのことは、もちろん脳の活性化にも繋がりますが、もっと大切にしているのはアイコンタクト、笑顔で声を出したり口を動かすという行動を促す、やり取りそのものです。

歌詞を書いたものを注視しないことで、互いに顔を見合わせ、気持ちを合わせることができるのです。歌い終えて、いつ、どこで習ったのかなどをお聞きすることも楽しいです。学校の先生の名前や、教室の様子までお話しが出ることもあります。

歌をきっかけに思い出話を引き出す

連想でリクエストを募るのももちろん「脳トレ」として大切ですが、スタッフに聞いたりGOTOからも提案しながら笑顔のやり取りと会話、交流を促し、チームとしての深まりを作ることを意識していきます。この日「東京の花売り娘」はお客様から、「上海~」はGOTOの提案。「花売り」のこと、この時代の歌手は皆本格的に音楽の勉強をした人だったこと、上海などの異国情緒にあこがれた歌が多かったことなど、皆さまから出てくる様々なお話しから彼の時代に想いを馳せました。

ここでちょっぴりしんみりした雰囲気を一新するため、キャンディーズの「春一番」をノリノリで歌いました。こうした曲はスタッフが踊りだしたり、また一緒に歌わない方も「あら、懐かしい!」「よく聴いた曲」と身体をゆすったり手拍子をしたり、パッと笑顔になって「鑑賞」というよりもライブ会場のお客様のような積極的な反応が出ます。参加意識を高め、一体感も生まれます。ノリノリで歌う利用者のみなさん
1 2 3次のページ
認知症ONLINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会