体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

中国と思われがちな「マカオ」が実はめちゃくちゃヨーロッパみたくお洒落で衝撃的すぎた

中国と思われがちな「マカオ」が実はめちゃくちゃヨーロッパみたくお洒落で衝撃的すぎた

こんにちは、最近までマカオが中国だと思い込んでいた阿部サキソフォン@mnooooom)です。今回マカオに行くにあたって、調べてようやく特別行政区だと気づきました。

中国ではないとは言え、どうせ台湾みたいな感じでしょ?街に屋台が溢れていて、ちょっとごみごみした感じでしょ?わたし台湾行ったことあるしぃ〜、この前ハルビンも行ったしぃ〜、大体想像ついちゃうかも。

マカオ航空を利用して、夕方発のフライトでマカオへ。国際空港について、まず宿泊するホテルに向かいます。超巨大リゾート「ギャラクシー・マカオ」にある、「JWマリオット・ホテル・マカオ」に着きました。

 

あれ、ここってアジア…?

部屋からみた景色がこちら。わたしが想像していたマカオじゃない、こんな近未来的な景色期待してなかった。なにこれ、めちゃくちゃ発展してるじゃん…。

こんな大きなベッド…身長151.2cmのわたしには勿体なさすぎる。この4/5くらいのスペースでも十分寝れるのに、なんだか申し訳ないです。

テンションが上がって思わず飛んじゃいました。躍動感すご。

そして翌朝からこんなに贅沢な朝食。あれ、わたしどこの国に来たんでしたっけ?

 

腹ごしらえした後はスイーツ

マカオはポルトガルの領地であったことから、ポルトガルの文化もたくさん入ってきているのだとか。ポルトガルではエッグタルトが有名ですが、ここマカオでも名物になっています。

きゃーーーーツヤツヤ輝いているエッグタルトがわたしを見ています。耳を澄ましてみると…うんうん、「わたしを食べて」って聞こえる気がする。ということで、いただきまーす!

1 2 3 4 5次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。