ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

懐かしのソニーの歴代カセットテープを振り返る

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
懐かしのソニーの歴代カセットテープを振り返る

カセットテープの爆発的な普及につなげた立役者は間違いなくソニー。カセットテープ以外にも、ウォークマンなどのハードを普及させた功績も大きいでしょう。プラケースやデザイン、音質などは常に最先端を走っていたのがソニーでした。懐かしのソニーの歴代カセットテープを振り返ります。

ソニーのノーマルカセットの代名詞

音楽専用の代名詞的高級カセットテープが「HF(初代)」。ソニーのノーマルタイプカセットの代名詞である製品です。ケースに「HIGH QUALITY CASSETTE」と金箔文字が入り、高級感が漂います。

微粒子磁性体を高密度に均一分散させることで、ヒスノイズを低減。また、磁性面の鏡面処理や高精度ガイドローラーの採用など、LNタイプとは一線を画す高級仕様のテープでした。

一方、ソニー製カセットを世に知らしめた立役者が「LOW-NOISE」。1970年代中期におけるソニーのベーシックカセットの代表格です。LN(LOW-NOISE)タイプのカセットで、軽快で印象的なパッケージデザインです。

ソニーの新HFのベーシックランク

白色のプラケース(発売当初)、スケルトン構造のカセットハーフなど、ソニー製品は他社とはひと味違うと感じさせる製品。プラケースの他に、格安の紙ケースバージョンも販売されました。

青いボディーが目を引く最高品質カセットが「AHF」。ソニーのノーマルタイプカセットの最高グレードです。磁性体のガンマヘマタイトを超微粒子高密度化し、高音域を改善。本体には、テープの走行安定性に優れた「DPメカ」を採用しています。

紅白色が眩しいベーシックカセットが「CHF」。「LOW-NOISE」の後継機種で、ラインアップの一新により、ソニーの新HFシリーズのベーシックランクの製品に位置づけられます。共通して「DPメカ」が採用され、使い勝手が良く高コスパ製品でした。

関連記事リンク(外部サイト)

BDレコーダーのドライブを自力で交換修理する
ソニーのヘッドマウントディスプレイの使用感!
懐かしのソニーの歴代カセットテープを振り返る

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。