ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

go!go!vanillas、新曲に込めた「平成」への思い

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

go!go!vanillas、新曲に込めた「平成」への思い
J-WAVEで放送中の番組「SONAR MUSIC」(ナビゲーター:藤田琢己)。5月16日(火)のオンエアでは、火曜日担当のDAOKOが登場しました。

この日は、go!go!vanillasがスタジオ生ライブを披露してくれました! 2014年にメジャーデビューしたバンドgo!go!vanillasは、牧達弥さん(Vo&Gt.)、長谷川プリティ敬祐さん(Ba.)、柳沢進太郎さん(Gt.)、ジェットセイヤさん(Dr.)の4人組。

ロック、昭和歌謡、フォークなどいろんなジャンルが絶妙なバランスでミックスされ、彼らにしか出せないサウンドで多くの音楽ファンを魅了しています。今年1月にリリースしたシングル「おはようカルチャー」のリリースツアーでは全会場がSold Out。そして5月17日(水)にリリースされるシングル「平成ペイン」のミュージックビデオでは、おじさんチームと若者チームのダンスバトルが話題になっています。

今回は、いつもとは雰囲気の違うスペシャルなアコースティック・バージョン! ライブ前には「肩の力を抜いた感じで…夜中ですから。みなさんのグッドミュージックになればいいなと思っています」と語ってくれました。

1曲目は「平成ペイン」でスタート。アコースティック・バージョンでの披露は初めてという貴重なライブでした。演奏中に柳沢さんのヘッドホンが外れるという生ならではのハプニングも(笑)。

2曲目は気持ちのいい朝にぴったりなナンバー「おはようカルチャー」を、そしてラストはパーティーチューンの「ヒンキーディンキーパーティークルー」を届けてくれました。生で聴いていた方は夜中なのにテンションが上がってしまったかもしれません(笑)。生で観ていたDAOKOも踊らずにはいられなかったようです。

ライブの終わりのトークでは、新曲「平成ペイン」について詳しくお話をお聞きしました。「メンバーみんな平成生まれで、僕と長谷川さんは平成元年生まれなんですよ。本当に一番最初からこの時代を生きてきて、この時代しか知らない僕たちが、平成31年で終わっちゃうというニュースを見てしまってすごいショッキングだったんですよ」(牧さん)

そんな中、「平成に俺は何かを残せたかな?」という思いからこの曲を作ったそうなのですが、それだけはなく…

「僕らの世代っていうのは第一線でがんばって活躍していこうとしている人たちがどんどん出てきている。そういう人たちの後押しをしたいし、そういう人たちががんばってる姿を見て、その上の世代の人も『やるじゃねーか。平成生まれも捨てたもんじゃないな』って一緒に酒を飲む日が来るんですよ! という気持ちを込めて」と、「平成ペイン」に込めた熱い熱い思いを語ってくれました。

平成生まれの人も、その上の世代の人も、ぜひ、go!go!vanillasの熱い思いをこのナンバーから受け取ってみてください。

そんなgo!go!vanillasは「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017」をはじめとして数々の夏フェスにも出演が決定しており、さらに9月からは全国ツアーもスタート予定。詳しくはgo!go!vanillasのHPをチェックしてください。 今年もその活躍に目が離せません!

■今回のオンエア曲
DYGL「Let It Sway」
City Your City「neon」
NakamuraEmi「Don’t」
Blondie「Long Time」
SANABAGUN.「Yukichi Fukuzawa」
Saucy Dog「いつか」
Nirvana「Smells Like Teen Spirit」
go!go!vanillas「平成ペイン 」/「おはようカルチャー」/「ヒンキーディンキーパーティークルー」(以上 スタジオライブ)
真空ホロウ with コヤマヒデカズ from CIVILIAN「#フィルター越しに見る世界」

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SONAR MUSIC」
放送日時:月・火・水・木曜 23時30分−25時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。