体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1秒でも無駄にすまいと全力疾走していたワーママの頃。「自分の幸せ」も考えたら見えたこと by tomekko

生活・趣味

こんにちは。Tomekkoです。

前回はワタシが仕事復帰を決めたきっかけのお話でしたが、今回は、ワーママ激闘時代を振り返ってみたいと思います。

仕事復帰も落ち着いてちょっとお疲れのママたちに、少しだけ立ち止まって読んでいただけたら嬉しいです。 前回エピソード:「育てやすい子」にすら手こずる私は母親劣等生?仕事復帰を決意した日 by tomekko

母として心が折れていたワタシが、自信を取り戻したくて復帰した会社。

当時は、産休・育休取得も復帰もワタシが初めてという環境で、会社もワタシもドギマギオロオロしながら、でも皆さんから気を遣っていただいてなんとか働くことができました。

とはいえ、夫婦で助け合ってやっていこう!と決断したものの、やはり手を貸してもらえる親きょうだいも近くに居らず、夫も勤務地が遠い環境でワタシが復帰するということは、子どもへの罪悪感としてずっと重くのしかかっていました。

f:id:akasuguedi:20170510092828p:plain

特に片道1時間半という通勤時間を1秒でも無駄にしたら我が子に申し訳ない!という思いで、電車では必ずビジネス書や自己啓発本を読み(小説とかマンガは娯楽だからと勝手に禁じていた生真面目女)、乗り継ぎは一本でも早いのに乗れるようにと全て猛ダッシュ!

電車を降りたら自転車に飛び乗り、もうこのままETみたいに飛んじゃえたらいいのに(また古い)‼と切実に思うほど。

f:id:akasuguedi:20170510092942p:plain

それでも、山奥の保育園です。息を切らして帰っても、到着するのは18時頃。その時間にはだいたいの子が帰っていて、時には最後になって1人ポツンと泣きはらした顔で先生に抱かれている長男を見るともう胸が締め付けられるようでした。

f:id:akasuguedi:20170510093005p:plain

2歳頃、おしゃべりもできるようになっていた長男が一時期お迎えに行ってもなかなかこちらへ来ず、真っ赤な目をして

「お母さん、お迎え来ないで。ずっとお仕事してたら」

とそっぽを向かれた時のことは、数年たった今でも忘れられません。

そんな長男の情緒不安定は続き、時が経つほど慣れるどころか酷くなってきてしまいました。

1 2 3次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会