体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「3月11日:メルトダウンに至る可能性もあり」「3月12日:最悪の事態想定を」「3月16日:撤退なんてありえない」原子力災害対策本部会議メモの全容

「3月11日:メルトダウンに至る可能性もあり」「3月12日:最悪の事態想定を」「3月16日:撤退なんてありえない」原子力災害対策本部会議メモの全容

3月9日に公開された原子力災害対策本部会議の議事概要と配布資料へのリンクをご紹介します。メディアでは一部だけ抜粋し紹介されていますが、リンク先のインデックスからすべての議事概要を閲覧できます。

原子力災害対策本部会議の議事概要、配布資料
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/genshiryoku/

2011年3月11日の大震災以降に開かれた「原子力災害対策本部会議」は議事録がとられていなかったといわれており、今回、当時のメモなどを寄せ集めるという形で「議事概要」が作成公開されました。断片的なメモを貼りあわせたような内容で、どのような過程で意思決定がなされていったかという詳細について、この内容だけでは知ることはできません。欠落した部分も多くありそうです。

この議事概要と、官房長官会見全文などを並べて、会議の内容と会見での説明を比較してみると、メルトダウンの可能性について3月11日、12日の会議で既に語られているにも関わらず、官房長官会見でそのことは触れられていない、ということが浮かび上がってきます。メルトダウンの可能性が会議で指摘されていたにも関わらず国民には何故知らされなかったのか。このままでは意図的な隠蔽がおこなわれたのではという疑問は到底解消できません。

[参考]東日本大震災 – 枝野官房長官の会見全文記事一覧 – (朝日新聞社)
http://www.asahi.com/special/10005/edano_list.html [リンク]

[参考]政府・東京電力統合対策室 (旧:福島原子力発電所事故対策統合本部)議事概要
http://www.nisa.meti.go.jp/gensai/index.html [リンク]

[参考]東北地方太平洋沖地震緊急災害対策本部 議事概要、配布資料
http://www.bousai.go.jp/1info/higashinihon_taisaku/index.html

議事概要を読んで、記者が印象に残った部分を抜粋しておきます。

3月11日

・炉を止めて冷却用の緊急ディーゼル発電機を動かす必要があるが、津波でこれが動かない。電池で動く冷却等だけ動いている。これで8時間はもつ。
・8時間を超え炉心の温度があがるようなことになると、メルトダウンに至る可能性もあり。陸路及び空路でディーゼル発電機の代わりになるものを輸送中。
・10km範囲の人をどこかの時点で避難させる必要があるかもしれない。その準備のために宣言を、と経産大臣から上申。日本で初めてのことで波紋も呼ぶ。
・8tくらいの電源車を輸送するためには大型ヘリが必要。米軍に頼む可能性も。

3月12日

「3月11日:メルトダウンに至る可能性もあり」「3月12日:最悪の事態想定を」「3月16日:撤退なんてありえない」原子力災害対策本部会議メモの全容

○菅直人内閣総理大臣より下記のとおり挨拶。
・今朝6時から自衛隊のヘリコプターで現地を視察した。まず福島第一原子力発電所を訪れ、既に10km圏の待避を行っているが、その対処方について現地の責任者・行政の皆さんと話をした。その後、仙台から石巻の方向まで上空からも視察した。2
・大変強く感じたのは、今回の地震は津波地震であるということ。多くの海岸沿いで住宅地であったところがほとんど流失している。さらには海岸沿いでまだ火災が続いている。そういう地域が沢山あり、その一方で、上空から見る限りは津波以外の家の倒壊はあまり目立たない。まず津波による被害を含めて、この一日、どこまで救出作業が進むか大変重要な一日であると感じている。

1 2次のページ
東京プレスクラブの記事一覧をみる

記者:

東京プレスクラブについて: 「オープン&シェア」を合言葉に、現在話題となっている出来事の取材やネットでのオープンな資料・素材公開をおこなっているブログメディアです。特定の記者やジャーナリストだけではなく「新しいテクノロジーを使って誰でも参加できる情報共有の場をつくる」ことを目標に、共有すべき資料は迅速に共有し拡散することで皆さんのお役に立つことを目指しています。 東京プレスクラブに掲載された情報は転載・引用・転送・共有・拡散、すべて自由です。もちろん、ブログ、ニュースサイト、新聞、雑誌、テレビ、ラジオ等々のメディアでの利用も自由です。

ウェブサイト: http://tokyopressclub.com

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会